【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】宗教 #01
2020年02月29日 (土) | 編集 |
あまり書きたくないテーマが、政治と宗教。
ただ……最近、あまりに「?」と思うような人に会ったので、文字にしてみました。
あくまでも「私が会った人」から思ったことですから……。

個人的に思っていることなのですが、社会は「文明」と「文化」で出来ていると思っています。
「文明」は、便利になるようにするもの(こと)だったり、お金に換えることができるもの(こと)だったりします。
一方で「文化」は、便利さとは別の価値が発生するもの(こと)で、最終的にはお金に換わることはありますが、その基準はハッキリしないものです。
そうなると「宗教は?」と考えると、もちろん後者なのだと思います。
実際、実家のお墓の住職には、最低限と思われる費用しか支払っていませんし、祖父の葬儀の時にどれぐらい包めば良いか分からなかったので、失礼にならないように包んだところ、「多すぎる。これから支出もあるだろうから。」と返金に来られました。

また別の宗派の方とお話しをさせて頂いた時に、居所があまり便利な場所でなかったので、「不便でないですか?」と尋ねると、「それも教えの中にあることとして受け入れています」と言われていました。
学生時代には、アパートに色々な宗教の勧誘が来ましたが、話をすると大抵は不便さから学ぶことがあると言われていたように思います(そうでない人は、二度と尋ねて来なかったような……)。

ですから、あまりに世俗に染まった宗教関係者と接することがなかったのですが、先日、「本当に説法をする人なのか?」と思うような人に会ってしまいました。

 (続く)
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記