【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】新型コロナウイルスの拡散に伴うPCR検査について
2020年03月01日 (日) | 編集 |
新型コロナウイルスの拡散に伴って、「もっとPCR検査をする(増やす)べきだ!」という声が増えてきました。
まあ……検査をすることそのものを否定するつもりはありませんが、どうも言っていることが……。
話を聞いていると、PCR検査が魔法のような高精度の検査のように聞こえていますが、どんな検査でも完璧なものはありません。

検査でよく言われるのは「陽性は確定できるが、陰性は確定できない」ということです。
例えばCTによる検査では、患部をキチンとスキャンしなければ、異常は発見できません。
これは画像診断で見落とすわけではなく、そもそもデータになっていないので、発見できないということです。
また検査は、検査した時点しか判定できません。
簡単に言えば、検査した直後に異常が発生した場合には、正常という判断しかできないということです。

PCR検査も同様です。
ウイルスがいるところから細胞を取れれば良いのですが、そうでないと陰性になってしまいます。
これまで検査で陰性だった人が、後で陽性になる例がありました。
これは
 ①ウイルスがいる場所から細胞を取れなかった。
 ②ウイルスが増殖する前に検査をしていた。
 ③検査後に感染した。
のいずれかだろうと思います。
 
またPCR検査には
 (1)時間が掛かること
 (2)技術が必要なこと
   →技術はスグには身に付きません。
 (3)設備が必要なこと
   →設備はスグには準備できません。
から、現在の日本にはキチンと検査できるところが少なく、この状況で推奨すると、本当に検査が必要な人の検査ができなくなったり、中途半端な結果が出て一層混乱が拡がったり……というリスクが拡大します。
そもそも検査は、数が増えると精度が落ちる傾向にありますし……。

これらを考えると、現時点ではPCR検査をドンドンやれば良いという話には、疑問を持っています。

 medical(S).jpg
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記