【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】せん : 最後は……
2020年04月30日 (木) | 編集 |
新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、大きくスケジュールがおかしくなっているのが学校。
その学校について、9月を新学期の開始にするという案が出ています。
世界的に考えれば、4月から新学期というのは少数派ですから、これを期に……という案が出るのは当然なのかもしれません。
でも4月をスタートにするというのは、学校だけではありません。
日本の多くの組織が、4月から3月を1年度という単位で考えています。
学校だけを9月から8月という区切りにするのは……。
まあ……8月に卒業して9月から4月までの間を就職活動やインターン期間と位置付ければ、学校だけを9~8月に切り替えても良いのかもしれません。
いずれにしろ切り替えた時には混乱が起きるでしょうから、今の混乱に上乗せするのはリスクが高く、切り替えるのであれば、今の騒動が落ち着いてから……がベターな選択なのだろうと思います。



今日も軽々とキャットタワーを駆け上がるセン。
体型は随分と丸くなってきましたが、身軽さは相変わらずです。

 sen@20200430Living01.jpg

キャットタワーに上がる時、センはシュッシュッと上がりますが、コウメは「よっこらしょ!」という感じ、スウはフワーッと……。
個性だなあ~と思います。

キャットタワーから駆け下りて……よく落ちないなあ~と感心しますが……、やって来たソファーの上。
駆け下りるのも驚きますが、急ブレーキが掛かるのもすごいなあ~と。

 sen@20200430Living02.jpg

一通り駆け回った後は……。
やはり……抱っこ。

 sen@20200430Living03.jpg

センもスウも最初の頃は「抱っこしないで」という感じもありましたが、段々と慣れて来たのか?諦めたのか?……そして抱っこをオネダリするようになり、今では好きなタイミングで膝の上へ。
変われば変わるものだと思います。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】あさむ : フー!
2020年04月29日 (水) | 編集 |
サンプル数は少ないので、正しい数字とは言えないのでしょうが、慶応義塾大学病院で新型コロナ以外の無症状患者を調査したところ、6%がPCR検査陽性という結果が出ました。
日本の人口を約1億人とすると、その6%は6百万人。
現在まで把握されている感染者数は、約1万5千人ですから、まだまだ未確認の感染者がいるのだろうと思います。
一時的に下火になって来ているようですが、ここで手綱を緩めると、再度、感染が拡がるように思います。
梅雨が近くなっていますから、少しは下火になるかもしれませんが、今の間にキチンと抑え込んでおかないと第2波が来るのではないか?と……。
その頃には、治療法が確立したり、ワクチンが出来たりしている可能性がありますから、時間はかせげるかもしれませんが……。



ケージの扉を開けていても、どういうわけか?3段ケージの中にいることが多いアサム。
何かの時に捕獲しやすいので、それはそれで良いのですが、体調は大丈夫だろうか?と少し心配になります。

普段、アサムがいるのは3段ケージの最上段。
ここだけは扉を閉めているので、安全だと思っているのか???
まだまだ警戒心は解けていないなあ~と思います。

 asm@20200429room001.jpg

まあ……まだ我が家に来て……人間と同居し始めて2ヶ月ですから、警戒しているのは仕方がないのかもしれません。
ケージの扉を開けると、まず「フー!」と威嚇するのが止まらない……。

でも、その後は猫パンチなしで撫でさせてくれるようになってきました(まだ時々、猫パンチが出ますが)。

 asm@20200429room002.jpg

表情は、随分と柔らかくなってきたように思います。
そろそろ少し部屋の扉を大きめに開いて、マーフィー達との距離を縮めていこうか?と思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめ : ルーティーン
2020年04月28日 (火) | 編集 |
緊急事態宣言の終了まで、あと1週間になりました。
個人的には、ここで終わらせると、再度、感染が拡大すると思います。
特定警戒都道府県を除いて……という話もありますが、これは現在の緊急事態宣言の前の状態と同じで、所謂「コロナ疎開」に拍車が掛かり、結果的に感染を拡大させてしまうように思います。
地方には、重症の感染症に対応できる病院は多くはありません。
そういうことも考えると、少なくとも(最低でも)今後1ヶ月ぐらいは今のまま……でなければ、被害を拡大させてしまうように思います。
一度、解除して様子を見て……という話もありますが、北海道では二度目の緊急事態宣言の効果は、一度目と比較すると効果が小さかったと言われています。
その意味では、一度、解除して……というのは危険なのかもしれません。
ただ……いくつもあった大災害の後の日本人の行動を考えると、自制できる可能性はありますし、そこに期待していたりします。



コウメの日々のルーティーン。
それがお風呂。

 ume@20200428futo01.jpg

こうして蓋の上にいてくれる間は良いのですが(それでも蓋を全開にできないという面はありますが……)、シャワーに飛び込んだりするので、日々、ビチョビチョになっています。

 ume@20200428futo02.jpg

そうなると、風呂上りはココへ。

 ume@20200428Living01.jpg

エアコンの風で、濡れた身体を乾かします。
身体は意外と早く乾きますが、首輪がなかなか乾かないので、交換しながら使っています。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 散歩
2020年04月27日 (月) | 編集 |
新型コロナウイルスの感染拡大が色々な方面に影響しています。
春の甲子園も……でしたが、今度は高校総体が中止になりました(中学は少し前に中止が決定しました)。
予選の期間を考えると仕方がないと思いますが、何だかなあ~と……。
総体を目標にして練習してきたのに……と……。
この調子だと、夏の甲子園や国体はどうなるのだろう?と思います。



不要不急の外出自粛の中でも、マーフィーの散歩は欠かせません。
でも、あまり他人に会わないで済むように、自宅の裏の空き地がメインの散歩場所。

 mfy@20200427sanpo01.jpg

川と我が家に挟まれた土地で、ここに入るには我が家と隣家の間のを通ることになるので、ほとんど他人に会うことはありません。
こういう事態になると、マーフィーの散歩嫌いは大きなメリット。

 mfy@20200427sanpo02.jpg

帰宅して、玄関の前でキョロキョロして、何か(誰か)を探しているマーフィー。

 mfy@20200427sanpo03.jpg

誰も来ないことを確認して、帰宅しました。
まだ暫くは、こんな感じの散歩になると思いますが、マーフィーにとってはあまり影響はないのかもしれません。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】新型コロナウイルス感染拡大への対応(パンデミック2009を思い出しました)
2020年04月25日 (土) | 編集 |
まず新型コロナウイルスについて、このブログで最初に書いた2020/02/01の記事の冒頭を引用します。

新型コロナウイルスによる肺炎について書こうと思ったのですが、カテゴリをどうするか???
と言うのは、「新型コロナウイルスによる肺炎」は、病気なのですが、その対応は社会的な話なので……。
インフルエンザも同様ですが、感染症は、その影響を考えると「社会としてどう対応するか?」が重要です。


新型コロナウイルスの感染拡大で思い出すのが、2009年の新型インフルエンザ……所謂「パンデミック2009」です。

その頃、私が所属している組織で、「どうすべきか?」「どうした方が良いか?」という話が出ていました。
個人的に聞かれた時に「基本は閉鎖」そして「やらなければならないことだけをする」と答えたところ、一言「バカか」と言われました。

今回の新型コロナウイルス対応を見ていても、この時の反応が普通なのだろうと思っています。
分かりやすく言えば、「通常の業務形態から何を引き算するか?」と言うのが普通の反応なのだろうと……。
ただパンデミック2009(結果的にはそれほど強毒性ではなかったのですが)や新型コロナウイルス(潜在的な感染者を含めると毒性がどれぐらいなのか?)は、誰かの生命にダメージを与える可能性があるという前提を持っていなければならないので、その対応は逆の考え方でなければならないはずです。
要するに「ゼロに必要なものを足し算する」という発想が必要なのだと。

「通常の業務形態から何を引き算するか?」と「ゼロに必要なものを足し算する」というのは、結局、同じことになるように思えるのですが、実は全く違った結果になります。
「通常の業務形態から何を引き算するか?」という発想は、アレもコレも残したいという中途半端な対応になりやすく、リスクが膨らむだけになりかねません。
感情的には、これまで続けてきたことをストップするのは怖いですし、細々とでも継続すれば、それなりのプラスも出ると思えます。
ただ、それは囲碁や将棋で言う「部分的な好手」ではあるかもしれませんが、全局的には……。
組織を長い目で見れば、一時、大きなマイナスが発生しても、色々な方向に中途半端にコストを掛けているよりは全体的にはマイナスは小さくて済むはずなのですが……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】すわん : もう少し上手に
2020年04月24日 (金) | 編集 |
ご飯を食べて、キョロキョロしているスウ。

 suu@20200424Living01.jpg

スウの写真を撮っていると、よくあることが2つ。
一つは、よくセンが「僕を撮って!」と言わんばかりに足元でスリスリ(時々体当たり)します。
もう一つは、スウの動きは全体的にはユッタリしているのですが、実はチョコチョコっと動きます(時に首から上)。
ですから、よくピンボケになります。

 suu@20200424Living02.jpg

センは、本当に良いタイミングでスリスリ(体当たり付き)するんです。

 suu@20200424Living03.jpg

今度は、もう少し上手に撮るからね……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】せんvsすわん : 好きだなあ
2020年04月23日 (木) | 編集 |
暗い話ばかりが報道されて、気が滅入る毎日。
そんな中でも、我が家の小さな花壇では、今年もチューリップがスクスクと育っています。

 flowers@20200422001.jpg

数年前に植えて、そのままにしているチューリップ。
台風の時期も、寒い冬も越える強さ。
こんな強さがほしいものです。



テレビからニャンコの声がすると、反応するのがセンとスウのコンビ。
テレビのニャンコの前をウロウロするスウ。
それを遠目に見ているセン。

 sen-suu@20200423Living01.jpg

場所を入れ替えて、今度はセンが近くでジーッと視線を向けます。

 sen-suu@20200423Living02.jpg

その後ろからスウが近づいていき、結局、こんな感じで落ち着きます。

 sen-suu@20200423Living03.jpg

テレビの中のニャンコと同じような格好で並んでいるのが、何とも可愛いセンとスウのコンビ。
本当にニャンコが好きなんだなあ~と思います。
この調子でアサムとムギも仲間に……と期待していますが、その距離がどうなるか?はアサムとムギしだいでしょうね……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】あさむvsむぎ : 少しは……
2020年04月22日 (水) | 編集 |
死亡した後に検査で新型コロナウイルスに感染していたことが分かった例が出ているようです。
そういう人は、大抵、軽症か無症状だったために、病院に行っていないか、病院に行っても検査していないということなのでしょう。
そうなると判明している感染者数より、実際の感染者数は多いのではないか?と思います。
自分を含めて誰が感染しているか?本当のところは分からない……その前提で生活しないと……と思います。



我が家にやって来て、3段ケージで暮らしていたアサムとムギ。
少しずつ慣れてもらうため、一部屋ですが開放する時間を増やしています。
かなり警戒していますが、こうして部屋の外を見ている時間も出てきました。

 asm-mug@20200422room0001.jpg

部屋に足を踏み入れても、動かないムギ。

 asm-mug@20200422room0002.jpg

警戒して場所を変えるアサム。

 asm-mug@20200422room0003.jpg

その日、その時によって、近づけたり逃げられたり……。
それでも少しずつ距離は近くなっているように思います。
焦らず慌てず……やっていこうと思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記