【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】緊急事態宣言
2020年05月02日 (土) | 編集 |
※これは私が所属する協会用に書いたものの転載(一部、加筆・修正しています)です。

ゴールデン・ウィークです。
新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、政府・自治体共に「不要不急の外出の自粛」を要請しています。
これがキチンと実施されるかどうか?で、その後の状況も変わってきます。
この状況が長引かないように……と思います。

整体をしていると、よく言われることの一つが「他のところと違って『すぐに病院に行け」と言うよなあ』ということです。
肩が凝った → 病院へ
腰が痛い → 病院へ
……。
個人的には、現代医学の力を使って、早期発見・早期治療すれば良いことが多々あると思っています。
それと医学的に問題がないということを確認することは、安心に繋がります。
もちろん現代医学は万能ではなく、色々な検査をしても、現代医学の範囲では異常が見つからず、痛み等があっても原因を特定できないこともあります。
また制度として考えると総医療費が上がる(=社会保障費が大きくなる→税金に跳ね返る)という面はありますし、何も異常がなければ医療従事者に負担を掛けただけという面もあることは確かです。
それでも、そういうことを差し引いても、プラスの面が大きいと思っています。

新型コロナウイルスの感染拡大後の海外の様子を見ていると、当たり前のことなのですが、やはり医療を守ることは重要ということを痛感します。
こういう時でなければ、なかなか実感できない人もいるとは思いますが、普段は時間を持て余している方が良い職種はあります。
医療関係者はもちろん、他には警察官、消防隊員、自衛隊……。
こういう職種の人が忙しい時がどういう時か?
今の医療従事者がそうですが、普段も忙しい状態だと、緊急時は破綻してしまいます(それを善意で何とかしているのが、日本らしいと言うか……)。

話が逸れていますが……。
今回の緊急事態宣言が出された会見では「医療崩壊を招かないために」という話が出ました。
トリアージの話も出ました。
そういう状況にならないように緊急事態宣言を出して、感染拡大を抑え込もうということだったのだろうと思いますが、なかなか効果が出ていません。
行動を制限すること……それを法的に縛るのではなく、分かりやすい言い方をすれば善意によって達成しようというのは、いかにも日本らしい発想です。
ここ何十年かで発生した大災害後の行動等から考えると、この対応でも何とかなる可能性はあります。
と言うか……色々な意味で、これで状況が改善してほしいと思います。

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記