【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【健康】眼鏡
2020年05月16日 (土) | 編集 |
※これは私が所属する協会用に書いたものの転載(一部、加筆・修正しています)です。

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの需要が大きくなりましたが、守るべき場所はソコだけではありません。
ウイルスが人体に入ってくるのは、粘膜から……です。
ウイルスの大きさを考えると、感染予防という意味でマスクは、それなりのものでなければ、ほとんど直接的な効果はありません。
どちらかと言うと、飛沫を飛ばさないこと、手で口や鼻を触れないことという意味の間接的な効果が大きいです。

さて……マスクで口をガードしていても、目から感染することもあります。
目も粘膜ですから、例えばウイルスが付いた手で目を擦ったりすると、感染することがあります。
目の前で咳やクシャミをする人がいることを考えると、眼鏡は予防に役立ちます。

個人的な話ですが、①普通の眼鏡、②ブルーライトカットの眼鏡(パソコン使用時)、③拡大眼鏡(小さな字を読むとき)、そして花粉症対策用の眼鏡の4種類を使い分けています。
①以外は、度は入っていません。
②は本当に効果があるのか?と思いますが、とりあえず……という感じで使っており、③は小さな字を書くときにも使えてます(どちらも100均で購入したものです)。
そして、この時期、よく使っているのが④。

 megane@20200509001.jpg

花粉症というわけではありませんが、アレルギーは閾値を越えると出ると言われますから、予防のために使っています。

花粉症対策用ですので、花粉が侵入しにくいようにフレームが顔に付くような形になっています。
これが飛沫をそれなりに防いでくれるので、今年に限らず、人と話をする時にはよく使っています。

 megane@20200509002.jpg

予防を考えると、マスクだけでなく、目も守るようにしましょう。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記