【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【インフル】インフルエンザ情報 2020 #05(新型コロナウイルスとインフルエンザ)
2020年06月06日 (土) | 編集 |
#02の冒頭を再掲します。

連日、新型コロナウイルス関連の報道が続いている中で、インフルエンザの記事を書くのは、インフルエンザが軽視されているように思うからです。
実際問題として、新型コロナウイルス関連の死者は千人単位ですが、インフルエンザ関連の死者は万人単位になっています(※注)
しかも新型コロナウイルスに対する治療法は見つかっておらず、インフルエンザに対する治療法は存在しているにも関わらず……です。
どちらも既往症があったり、高齢だったりすると危険なことには変わりはありませんが、報道されるのは新型コロナウイルス関連ばかり。
それで良いのか?と思います。


前回の続きです。

新型コロナウイルスの感染拡大の話をする時、「注意すべきは、インフルエンザと同じ」と話をしています。
インフルエンザとは違う!と怒られたりしますが、インフルエンザで重症化しやすいのは、
 ・慢性呼吸器疾患
 ・慢性心疾患
 ・糖尿病などの代謝性疾患
 ・腎機能障害
 ・ステロイド内服などによる免疫機能不全
等の基礎疾患を持っている人で、これらは新型コロナウイルスにおいても同じです。

決して新型コロナウイルスは危険ではないと言っているわけではないのですが……。
インフルエンザとの違いは、治療薬があるのかどうか?ということで、効果があると思われる薬はいくつか出てきましたが、決定的な治療薬と確認されてはいません。
その意味では、新型コロナウイルスに対しては、現状、対処療法しかないわけで、危険な存在であることは間違いありません。

しかしインフルエンザには、タミフルやリレンザという特効薬があるにも関わらず、日本における関連死者数は毎年1万人ぐらいと言われています(インフルエンザによる死亡者数は214(2001年)~1818(2005年)人)。
今回の新型コロナウイルスによる死亡者数は、それによる肺炎等を含めた所謂「関連死」ですから、今の状況が維持できたと仮定すると(インフルエンザが蔓延した時と同じ条件だとすると)、どれぐらいになるのでしょう?
この辺りは、新型コロナウイルスによる混乱が終息した時点で、キチンと整理すべきだろうと思います。

必要な人に必要な医療が提供される状態を守らないといけないですし、そうするためには一人一人が考えながら行動するしかないように思います。

 helth(S).jpg

(※注)
ただし、このインフルエンザによる死者の中に新型コロナウイルスによるものが含まれると考えられるようになり、アメリカではインフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をするとの方針を示しました。

▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記