【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【健康】新型コロナウイルスとポビドンヨードによるうがい
2020年08月09日 (日) | 編集 |
※これは私が所属する協会用に書いたものの転載(一部、加筆・修正しています)です。

ポビドンヨードによるうがいが新型コロナウイルスに対して効果があるという報道があり、インターネット上で賛否が……大騒ぎになりました。
これは、吉村大阪府知事が会見で「大阪はびきの医療センターの研究で、新型コロナウイルスの感染者が殺ウイルス効果があるポビドンヨードを含むうがい薬を使ったところ、唾液検査で陽性となる割合が減ったと」いう結果を発表したことに対する反応で、例のごとくうがい薬が売り切れになるという状態が起きたようです。

これについては、予防や治療という意味で本当に効果があるのか?は、疑問があります。
インフルエンザの項でも書きました※1)が、そもそもうがいが有効に働くのは、ウイルスが喉の粘膜に付いている時点であって、粘膜の中に入ってしまってからでは効果は大きくありません。
したがって効果が出るとすれば、その直前の数分間にウイルスが喉の粘膜に付いた場合に限られることになります。

うがいについての研究としては、①水でうがいをするグループ、②ポビドンヨードでうがいをするグループ、③特にケアをしないグループをランダムに分け、風邪をひくリスクが変わるかどうかという研究が実施されたことがあります(※2)。
結論は、①水でうがいをするグループでは、感染リスクが抑えられるというものでした。

またポビドンヨードによるうがいは、口腔内の常在菌を殺してしまったり、喉の粘膜を傷つけてしまうことで、風邪をひきやすくなるとも言われていますから、新型コロナウイルスについても同様なのかもしれません。

なお、ポビドンヨードによるうがいについては、世界保健機関(WHO)の直轄機関「WHO神戸センター」も「科学的根拠はない」との見解を公式Twitterに投稿しています。(※3

ただしポビドンヨードは、口腔内の消毒には効果があることは事実です。
口腔内のウイルスが減少すれば、ウイルスを含んだ飛沫を抑える効果はあるのかもしれません。
要するにポビドンヨードによるうがいは、予防や治療を目的に考えた場合には効果には疑問がありますが、飛沫による感染拡大を抑制する可能性はあるのかもしれません。

色々な情報が出て来ますが、情報を整理して、新型コロナウイルス対策をしましょう。

 helth(S).jpg



※1
 【インフル】インフルエンザ情報 2020 #03(2020/03/07)
※2
 American journal of preventive medicine 2005; 29:302-7.
※3
 WHO Kobe Centreのツイート
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Diary】パーテーションの追加
2020年08月08日 (土) | 編集 |
先住者(マーフィー、コウメ、セン、スウ)とアサムのムギが少しずつ顔合わせをしようと……部屋の出入り口にパーテーションを取り付けたのが2020年04月11日
センは、もう大丈夫そうなのですが(実際に中に入れてみても大丈夫でした)、問題はコウメとスウ。
中に入れてみると、まだ「フー!」とか「シャー!」とか……。
ということで、もう少し顔合わせする機会を増やそうと、パーテーションを追加しました。

これまでは、部屋の中から見ると、こんな感じでした。

 cats@20200808001.jpg

今回、扉を全開にできるように……と追加した後は、こんな感じ。

 cats@20200808002.jpg

部屋の外から見ると、こうなります。

 cats@20200808003.jpg

そして中央側のポールを固定しないで、S字フックで止めるようにしました。

 cats@20200808005.jpg

出入りする時は、こうして開閉します。

 cats@20200808004.jpg

これで、もう少し距離が近くなったら一緒に……と思っています。
ニャンコは縄張り意識が強いので、時間を掛けて上手く距離を作って、みんな仲良く暮らしてほしいなあ~と思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】すわん : ここまで
2020年08月07日 (金) | 編集 |
ソーッと近寄ってくるスウ。

 suu@20200807Living001.jpg

本当にソーッと……というのがピッタリな表現です。
ソーッと近寄った後は、控えめにスリスリ。

 suu@20200807Living002.jpg

ただ、この後は、大きな音が出るような勢いでゴロン!となります。

 suu@20200807Living003.jpg

保護主さんのところにいた時は、人形のようにジーッとしていたスウ。
ここまで甘えん坊になりました!と時々、報告しています。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】せん : 寝る前
2020年08月06日 (木) | 編集 |
ベランダのツバメさん。

 tsubame@20200806001.jpg

大きくなってきた子、まだ小さい子……個体差が出てきました。
大きくなってきた子は、そろそろ巣立ちが近いかな……。



さて寝る前のお決まりごと。
布団にやって来るセン。

 sen@20200806futon001.jpg

隣に来て、スリスリ……。

 sen@20200806futon002.jpg

そして「撫でてください」という顔。

 sen@20200806futon003.jpg

ここから暫くセンだけのコミュニケーション・タイム。
最近、その後にスウが同じようなことをするようになりましたが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】あさむvsむぎ : ご飯ですよ
2020年08月05日 (水) | 編集 |
アサムとムギの部屋に入ろうとすると、すぐに動き出すのがアサム。

 asm-mug@2020080501.jpg

毎回、出遅れるムギ。

 asm-mug@2020080502.jpg

出遅れるというか……しばらく色々な格好をしてくれます。
そして……。

 asm-mug@2020080503.jpg

一緒にご飯。
こうして並んでいる姿を見ると、本当に一緒に我が家に来てくれて良かったなあ~と思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめ : 爪研ぎ
2020年08月04日 (火) | 編集 |
本当に爪研ぎが好きなコウメ。
爪研ぎを爪研ぎとして使わず、こうして自分の居場所にしてしまっています。

 ume@20200804Living001.jpg

「僕の場所だからね!」という顔。

 ume@20200804Living002.jpg

同じものが寝室にも置いてありますが、そちらでも同じように……。

 ume@20200804shin-shitsu001.jpg

このザラザラした感じが好きなのでしょうか???

 ume@20200804shin-shitsu002.jpg

ここで、このまま寝てしまったりしますから……。
各々で好みの場所があるものですね……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃーvsすわん : ゆっくり
2020年08月03日 (月) | 編集 |
いつものリビングの光景。
今日は、マーフィーとスウのコンビがソファーを占領しています。

 mfy-suu@20200803Living001.jpg

おっとりした顔のマーフィー。

 mfy-suu@20200803Living002.jpg

ソファーに上がるのに「よいしょ!」という感じになってきたのは、歳のせいでしょうか……。

狭い背もたれの上で、毛づくろいをするスウ。

 mfy-suu@20200803Living003.jpg

本当に猫は、バランス感覚が良いなあ~と感心させられます。
毎日、色々な姿を見せてくれるマーフィーとニャンズ。
その姿を見ていると、身体の力が抜けていきます。



我が家のベランダのツバメのコたち。

 tubame@20200803001.jpg

随分とツバメらしくなってきました。
そろそろ巣立ちかな……。
さびしくなるなあ~。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】オフィスの温度設定 #08
2020年08月01日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

「???」と思われるのかもしれませんが、例えばオフィスで座ってパソコンに向かい、データ入力をしている場合、動いているのは、目と肩から指先だけではありません。
当たり前のことなのですが、それ以外の部位も静止しているわけではなく、常に動いています。
心臓はもちろんですし、血流を維持するために筋肉が動いていますし、座っているだけでも背筋は重力に抵抗していますし……色々な部位が目や指先の動きに連動し、一方で身体を維持するために働いています。
その積み重ねの結果が、結局、基礎代謝全体の差になっています。
その意味では、男性は女性(※)と比べて体内で多くの熱を発生させていることになります(一般的には)。

この違いが同じ温度に対する男女差(※)として現れますから、オフィスの室温については微妙なコントロールが必要です。

また同じ気温(室温)であっても男性の方が暑く感じるのは、人間が恒温動物であることも関係します。
人体は恒常性を持っており、一定の体温を保つようにできています。
前回、書いたように男性は女性よりも基礎代謝が高く、体内で熱を作りやすいという特徴があります。
一方で恒温動物の特性上、体温は一定に保たなければなりませんから、男性は体内で作られた多くの熱(女性と比べて)をどうにか放出しなければならないということになります。

 (続く)



(※)
・この辺りの書き方が本当に面倒な時代になっています。
・個人差があるのでは?という話もありますが、大抵の統計は標準偏差のグラフの分布になり、その山のあり方がどうなっているのか?という話が通じない……。
・もっと面倒なのは「男性」「女性」という表現がどうか?と……そうなると「哺乳類ヒト科の動物オス/メス」という書き方にしないといけないのかも……と思ったりします。
・その意味では「個人差」ではなく「個体差」と書き方にしないといけないのかも……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記