【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】あさむvsむぎ : 一年目のうちのコ記念日
2021年02月28日 (日) | 編集 |
アサムとムギが我が家に来て、ようやく一年になります。
正しくは2月29日ですが、そうなると4年に一度になってしまうので……。
これ()は、昨年、1月のアサム。

 asm-mug@20210228asm20200107.jpg

当時は「白黒ちゃん」と呼んできました。
フードを出しても、なかなか近寄って来ない(当たり前ですが)……。
でもフードをもらわないと、ムギを育てることができないので、勇気を出して、姿を見せていたのだろうと思います。

フードが出たら、どこかから姿を現して来るのがムギ(も同じ日の写真です)。

 asm-mug@20210228mug20200107.jpg

ムギ(当時は「ゴマちゃん」と呼んでいました)の姿を見れると、「生きていてくれて良かった」と思ったものです。

そして今。

 asm-mug@20210228room001.jpg

アサムとムギ、いずれも大きく丸くなりました。
姿を見せると、寄って来てくれるようになりましたが、抱っこはまだまだ……です。
まあ……スウが我が家に来て、抱っこに慣れるまで、時間が掛かりましたから、ユックリやっていこうと思います。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【医療】新型コロナウイルスに対するワクチン #06
2021年02月27日 (土) | 編集 |
 ※これは私が所属する協会用に書いたものの転載(一部、加筆・修正しています)です。

ワクチンについて、あちこちでマイナスの話が出ています。
ここでもマイナス要素についても書きますが、私はワクチン反対派ではなく、前回も書きましたが、新型コロナのワクチンについては、プラス面は多く(大きく)、マイナス要因は少ない(小さい)というのが、現状で分かっていることで、

個人的には「順番が回ってきたら受けるかな」と思っています。
あくまでも現状であり、今後、副反応の出方によっては考えが変わるのかもしれませんが……。

と思っています。

新型コロナに対するワクチンについては、色々な話が出ています。
ほとんどはプラスの面の話ですが、中にはマイナスの話も……。
日本国内でワクチン接種が始まると、それまでになかったマイナスの話が出てくるかもしれません。
理由は、
 ・日本人を対象とした治験の数が少ないこと
 ・開発から実用までの期間が短く、長期的なリスクで分かっていないことがある可能性があること
等……もありますが、SNSの発達により接種した人が個人の感想を簡単に誰かに伝えることができるようになっていることも要素の一つです。
現時点でも
 ・接種箇所が脹れる
 ・翌日、身体がだるい
 ・微熱が出る
等の副反応が確認されていますし、アレルギー反応も確認されています。

 20210227COVID19.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

一般社団法人日本感染症学会 ワクチン委員会の「COVID-19 ワクチンに関する提言」の中にも出てきますが、過去にはワクチンの接種によって、ワクチン関連疾患増悪(vaccine-associated enhanced disease, VAED)や抗体依存性増強(antibody-dependent enhancement, ADE)が確認されていますので、ワクチンには大きなリスクがないとは言い切れません(現時点では、COVID-19 ワクチンでは確認されていないようです)。

社会を考えるとき、大抵のことで起きるのは、マイナス面に対する反応は、プラス面に対する反応を上回る傾向にあります。
特に医療(健康も含む)分野では、どうも……プラスに働くのは当たり前で、マイナスに働くのは悪という傾向があります。
確かに人体、生命に関わることですから、仕方がない面があるのですが……。
ただ、何にしても「ゼロ・リスク」なもの(こと)はありません
何もしないという選択をしても、そこには「しないことで発生するマイナス」があります。(
mRNAを使ったワクチンは、新技術によるものですから、自分が接種する順番になるまでに、色々と情報を集めて、接種するかどうか?判断しなければならないと思います。

 medical(S).jpg



リスク・マネージメントのカテゴリでも書いたように思いますが、その時に考えなければならないのは、
1 何かをするという判断をした時
 ① 発生するプラス面(メリット)
 ② 発生する可能性があるプラス面(ベネフィット)
 ③ 発生するマイナス面(デメリット)
 ④ 発生する可能性があるマイナス面(リスク)
2 何かをしないという判断をした時
 ① 発生するプラス面(メリット)
 ② 発生する可能性があるプラス面(ベネフィット)
 ③ 発生するマイナス面(デメリット)
 ④ 発生する可能性があるマイナス面(リスク)
の比較です。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめvsすわん : 気が強いコンビ
2021年02月26日 (金) | 編集 |
気が強いコウメとスウのコンビ。
対人間、対マーフィーは問題ないのですし、対センも問題なくなっていますが、アサムとムギへの対応が……。
まあ……スウが我が家に来た頃を考えると、コウメも丸く(体型ではなく)なったなあ~と思います。

 ume-suu@20210226Living001.jpg

センだけでなく、コウメも追い掛けるスウ。

 ume-suu@20210226Living002.jpg

コウメは「おっちゃんは疲れるんだよ……」という感じなのかもしれません。

そしてコウメが寝ているところに行って、横の爪研ぎを始めたり……。
シッポは、コウメに乗せて、ガリガリ……。

 ume-suu@20210226Living003.jpg

こうしてみると一番気が強いのは、スウかも……と思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】せん : 癒し
2021年02月25日 (木) | 編集 |
毎夜のお決まりごとになっているセンとの密着タイム。
本当に毎夜、寝る前には、布団にやって来て、密着します。

 sen@20210225futon001.jpg

撫でていると腹を出したり……。

 sen@20210225futon002.jpg

顔を寄せてきたり……。

 sen@20210225futon003.jpg

毎日のストレスを排除してくれているように思います。
センには、「癒し」という言葉がピッタリです。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】せんvsあさむvsむぎ : ん?
2021年02月24日 (水) | 編集 |
今日も堂々とアサムとムギがいる部屋に入って来たセン。
(左がセン、右のピンクのドームに入っているのがアサムです)

 sen-asm-mug@20210224room001.jpg

アサムの姿を確認した後、キョロキョロしているのは、ムギを探しているのでしょうか?
で……ムギを発見した時のセンの顔がコレ。

 sen-asm-mug@20210224room002.jpg

「ん?そこにいたの?」という感じでしょうか。
後ろからチョコっと顔を出しているアサムが、何とも可愛い……。

そんなセンを見ているムギは、こんな感じ。

 sen-asm-mug@20210224room003.jpg

キャット・タワーのボールにギリギリは入れるぐらいまで大きくなったムギ。
ここの関係は、本当に良くなってきたなあ~と思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめ : 寒いなら
2021年02月23日 (火) | 編集 |
寒いのに、窓際でゴロゴロするコウメ。

 ume@20210223Living001.jpg

本当に、この場所が好きだなあ~と思います。
でも窓際の50cmぐらいは、床暖房が入っていないので、フローリングは間違いなく冷たいんです。
でも……こんな顔。

 ume@20210223Living002.jpg

マーフィーに育てられたので、猫らしくない行動が多いのは認めますが、種としての特徴は変わらないはずなのですが……。
と思っていると、やはり寒かったのか?エアコンの吹き出し口の下に移動するコウメ。

 ume@20210223Living003.jpg

コウメも10歳を越えましたから、そろそろ自分の身体を気遣ってほしいものだと思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 後姿は……
2021年02月22日 (月) | 編集 |
マーフィーの後姿。
こうしていると本当に変わらないなあ~と思うのですが……。

 mfy@20210222Living0001.jpg

やはり前から見ると、顔の白いところが増えているように思います。
元気は元気で、今でも家の中では「隊長」役をしていますし、コウメたちもマーフィーを見習って……という面が多いのですが。

 mfy@20210222Living0002.jpg

光の加減で若々しく見えるマーフィー。
元が黒毛なので、同じ日に撮った写真でも、顔が白っぽかったり、そうでなかったり……。

 mfy@20210222Living0003.jpg

人間でも元気な70歳とか……おられますから、マーフィーも!と思います。
[続きを読む...]
テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】五輪組織委のゴタゴタ(その2)
2021年02月21日 (日) | 編集 |
オリ・パラ組織委員会の会長が、橋本氏に決まりました。
橋本氏が悪いわけではないのですが、政府にとっても東京都にとっても、森氏よりは物を言いやすい相手に変わったように思います。

選考委員会が密室で行われたことについて、JOCの山下氏が、あちこちから圧力が掛かるから……というようなことを理由として挙げられていました。
確かにその面もあるでしょうが、公開しておけば、圧力が掛かっていた場合、「何かがおかしい」と分かってしまうのではないか?と思います。
また公開で選考するとなると、候補に挙がったものの最終的に選ばれなかった人の人権を考えて……という話もありました。
確かにそういう面もあるのでしょうが、そうであれば理事会で候補として挙げられた人の中から投票で決めれば良かったのではないか?と思います。
まあ……元々、立候補方式を採らなかったので、投票で選ばれなかった人には気の毒な話になるのですが……。
そうなると選考委員会で選考された人に、推薦して良いかを聞いた上で、理事会の選挙という形にすれば良かったのでは……と思います。

検討委員会のメンバーも会議の内容も分からない……その状況で決められた新会長の候補者選考。
それでは、最初から新会長の候補が決まっていて、その人を選考するというルートに載って話をしていたに過ぎないと疑われても仕方がないように思います。

オリ・パラ組織委員会について思うのは、オリ・パラ組織委員会が「組織」であれば、会長に何かあった場合に、継続的に組織を動かすための人選をしておかなかったのは何故?ということです。
というか……普通の組織であれば、そうなっているのではないでしょうか。
今回は、失言で会長が辞任しましたが、もし事故や病気で会長職を続けることが出来なくなかった場合でも組織は動いていかなければならないのですから、この状態は組織としておかしいと思います。
その意味では、オリ・パラ組織委員会を「組織」として見直して、立て直すところから始めてほしいと思います。

それにしても橋本氏の今後は、本当に大変だろうと……。
先週も書きましたが、
 ・開催、中止、再延期の判断
 ・IOCとのやり取り
 ・中止した場合、スポンサーの対応
 ・中止した場合の費用負担
 ・開催する場合、新型コロナの対応
  ※競技者に感染者が出た場合の対応
  ※感染者が出た場合、クラスタ化する可能性がある
   →競技そのものを中止するかどうか?の判断
  ※観客をどうするか?
   →無観客もしくは観客数を制限して行う場合、観戦チケット収入の穴埋め
 ・感染が拡大した場合の責任問題
等、整理しておかなければならないことが沢山あります。
本来は、オリ・パラを招致した東京都の責任が大きいはずなのですが、これまでの動きを見ていると……。
オリ・パラが成功すれば、政府(国)や東京都が手柄を持っていくような気がします。
でも中止や新型コロナ関連で何らかのマイナスがあれば、オリ・パラ組織委員会が責任を負うような構図になってしまうのではないか?と……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記