【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】感情論
2010年03月29日 (月) | 編集 |
何かについて議論している時に最も不要なのが、感情論です。
これは何の根拠もなく、ただ「……と思う」というだけで「……である」と言ってしまうものですが、議論の場では残念ながら何の意味も持ちません。
持つとすれば、議論を空転させたり、時間を取ってしまったり……等のように負の意味を持つことは多々あります。
なぜか……等と聞くまでもないでしょうが、一言でいえば『感情には「反証可能性」がない』からです。【注①】
わかりやすく言えば、感情論の根拠が「感情」である以上、他者とは最初から異なっているということであり、最初から「正しい」とか「間違い」とかを議論のテーブルにのせることができないと言うことです。
また、「同じような言葉」で表現している「ある感情」が他者と同じもの(こと)を指しているという保証がなく、そこから導き出された結論も同じものを指していると言い切れないからです。
これでは議論ができないわけです。
と言うことは、感情論を議論の場に持ち込むことは議論を中断させるので、持ち込まないのがマナーであり、持ち込みそうな場合にはSTOPしなければなりません。

------------------

【注①】
 ※参考:【社会】「科学的」と「真」ということ
 ※参考URL:反証可能性
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記