【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【健康】免疫 #04-01
2011年10月31日 (月) | 編集 |
最近、流行りのように『免疫力』という言葉を聞きます。
この「免疫」について書こうと思い、原稿を入力してみたのですが……【健康】の項でUPするのが良いのか、【整体】の項でUPするのが良いのか……わからない内容になってしまいました。
私が書くものですから、私の視点で……ということになります。
知人と話をしていても、やはり整体系の内容になっていくので、内容が【整体】の項にUPした方が良いような内容になるとは思っていましたが……。
そんな訳で、整体師・カイロプラクターの目から見た免疫について書いてみようと思います。

我々が普通に生きている環境には、数え切れないぐらいの細菌やウィルスが存在しています。
このような環境では、細菌やウィルスに触れないということはできませんし、そういう意味では感染しないということも不可能です。
問題は、感染した後に発症するかどうか?発症しても重症化するかどうか?ということで、この差が生死の差になることもあります。
免疫力が話題になるのは、免疫力に個体差があるからです。

そもそも「免疫」と呼ばれるものは、骨随や胸腺、脾臓、リンパ節、扁桃、血管、皮膚、腸管などの各器官や組織が協力しあって構成されています。
また「免疫」と呼ばれるものに属する個々には、外部から侵入して来た異物への対応、内部で発生した異物への対応等について各々に得手不得手があります
したがって、免疫は「全身で防御するシステム」であり、免疫という何かが単独で動いているわけではありません。【注①】

ということは、「免疫力」を高めよう(強化しよう)とすれば、その前提として「全身が適切に動いている」ということが必要になります。

(続く)

 helth(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ・そもそもシステム(仕組み・制度)は、全体で機能するものであって、全体からブレークダウンして個別の役割が存在しますから、「部分の総和」として考える……その発想がおかしいのですが、そういう発想で小手先の対応をしていることが多々あります。
 ・「システムは、全体で機能するもの」という考え方は、免疫について考える場合だけでなく、色々なことを考える上で大切なことだろうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記