【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】民主党政権 #07(政治と金)
2010年03月31日 (水) | 編集 |
どこまでお金にルーズなのか……、どこまで無責任なのか……、それが現時点での民主党への思いです。
自分が抱えている組織が何か悪いことをしても「知らなかった」で終わらせようとする対応は、普通には考えられません。
この行為を普通の会社に置き換えてみると『ある部門で不正が行われており、それが表面化した時に社長が「知らなかった」から自分には関係ない』と言っているのと同じだとわかります。
これは、普通には考えられない行為であり、どこまで国民の目線から外れているのか……と思います。
民主党は「自民党とは違い、国民の目線で……」と言っていたはずなのですが、どこに国民の目線があると思っているのでしょうか?
それに、ここまで連発すると『そういうことをしていない人は誰?』と聞きたくなります。

これまで不起訴となった人も「黒であるという確証がない」というだけで、「黒ではない」とか「白である」ということではありません。
これが公人でなければ、それでも良いのでしょうが、公人が公人としての立場で抱えていた組織についてのことですからキチンとわかるように説明すべきでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記