【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【仕事】統計によると…… #05
2012年02月23日 (木) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

要は「統計によると……【注②】」的な発想を単純に持ってしまうこと自体が、大きなRISKになります。
必要になるのは、提示されている統計的な数値が正しいのかどうか?を判断する能力です。
これは、
 (1).設問の設定段階
 (2).集計段階
 (3).公表・報道段階
 (4).参照段階
のいずれの段階でも必要となります。
実情に合わない統計数値は、多々あります。
目にした統計数値が「実情に合わないような気がする」という場合には、意図的にバイアスが掛かっている【注③】等を含めて、上記の(1)~(4)のどこかに問題がある可能性があります。

また、統計資料を見る時に注意しなければならないのは、「平均」という言葉が付いているもので、
 (a).平均値を算出する手法が誤っている(何でも算術平均にしてしまっている)
 (b).サンプルの分布から考えると、そもそも平均を使うことが誤っている
ということが多々あります。

報道について言うならば、正しいから報道されているわけではなく、興味を持ってもらえるから報道されているということを知っておく必要があります。【注④】

これらから「統計によると……」的な発言は、それを鵜呑みにすると方向性を誤り、RISKを高めてしまうことが多々あることがわかります。
そういう言葉を簡単に信じないで、キチンと確認するようにしましょう。


------------------

【注①】
 【仕事】統計によると…… #04
【注②】
 ・これには「平均的には……」等の『統計的なものの集計から何かを発言するという行為』と思ってください。
【注③】
 ・集計する際に「不都合なサンプルを削除する」とか「計算段階で変な係数が入っている」とか……色々な手法があります。
【注④】
 ・これは、「間違ったことを報道している」というわけではなく、内容そのものは正しいものの全体を明らかにしないで判断に必要な情報を隠していたり、興味を持ってもらえる側の意見のみをピックアップしたり……という意味です。
 ・まあ……報道のリテラシーを考えると、このような行為も「間違ったこと」に含まれるのでしょうが……。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記