【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】医療崩壊 #02-02
2010年04月20日 (火) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

また、この国の国民皆保険は、医療機関へのフルアクセスを保証するという他国では考えられないことを制度化しました。
この意味は大きく、「誰もが好きな(行きたい)病院に行くことができる」環境を作ったことになります。
他国のように「専門医に行くのはホームドクターが必要と考えた場合」という条件はありません。
これがセーフティネットとして構築されたのですが、それは他国と比較して病院に行きやすい環境にあるということを意味しており、自然と医療従事者数に対して限度を超えた人々が病院に行くことになってしまいました。【注②】

「医療従事者数に対して限度を超えた」と書きましたが、これが現実です。
もともと日本の医療従事者数は、他国と比較すると〔1人の患者に対しての医療従事者数〕は少ない状況にありました。
例えば、他国との医師数を比較した数字を見たことがある人もいるでしょうが、他国の集計が「実際に診療を行っている医師数」であるのに対し、日本の数字は「医師免許を持っている者の数」を挙げていることが多々ありました。
この比較のテーブルが異なる数字を比較していたがために、「なぜ医師数が足りないのか……」と思われ、それが医師過剰の都市伝説につながっていきました。
しかしながら、医療の現場には「実際に診療を行っている医師数」しか医師は存在しませんので、「医師数に対して限度を超えた」状況になっています。
また、これに診療報酬の配分ミスにより、医療機関で必要となる数の医療従事者を確保できない状況が重なったわけです。【注③】

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【医療】医療崩壊 #02-01
【注②】
 ・医療従事者数の限度を超えた多くの人が医療機関に行くのであれば、医療従事者数を増やせばよいとの意見もありますが、その増分は医療費に跳ね返ることになりますので、「安価な」というベースを破壊することを視野に入れなければなりません。
【注③】
 ・医療機関は、診療報酬によって収入を得ます。得た収入は、薬代/建物や器材の維持費等に使われる外、医療従事者の人件費も賄わなければなりません。
 ・したがって診療報酬による収入で赤字にならない範囲でしか医療従事者を雇うことができません。
 ・偏った診療報酬の配分が、病院で必要となる医療従事者を確保できない状況を生んだ一因です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記