【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Risk Management】#08-01_個人情報
2010年04月21日 (水) | 編集 |
ついでに余談の余談を……。

「個人情報の保護」と声高に叫ばれるようになって、数年が過ぎました。
「個人情報」を保護するために色々な手法が取られており、それに対するコストは上がる一方となっています。
そこまでして「個人情報は本当に保護されるべきものかどうか?」と言う話を聞いたことがあるでしょうか?
もともとの話は「"privacy(プライバシー)"【注①】の侵害に対して、どう対策を取るのか?」ということから始まっていますので、保護すべき情報として掲げられていたのはprivacyと言われる範囲のものです。
privacyは、"private(プライベート)"【注②】と同根の言葉で、わかりやすく言えば「私の情報」であり「私事、私生活、秘密」等が当てはまります。
これの保護が叫ばれていたにも関わらず、"個人情報"【注③】と言う言葉を使ってしまったのが間違いの始まりです。

個人情報は"personal data"ですから、privacyとは異なるものです。
これらの違いを考えないで、ゴチャゴチャにしてしまった結果が現状です。

"個"は"公"に対する概念であり、それは"公"の一部分としての"個"が存在するとも言えます。
一般的に"個人情報"と言われるもの(住所、氏名、生年月日……)は、上記のとおり"公"情報の一部であり、それはprivacyとは異なるものです。
これをprivacyとゴチャゴチャにしてしまったのが、混乱の始まりです。

(続く)

 Risk Management(S)
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考URL:privacy
 ※参考URL:privacy(Wiki)
【注②】
 ※参考URL:private
【注③】
 ※参考URL:個人情報
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記