【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Risk Management】#08-02_個人情報
2010年04月28日 (水) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

例えば「氏名」についてですが、この世の中に自分1人しかいなければ、氏名は必要ありません。
また、この世の中に2人しかいなければ、「私」と「あなた」で表現できてしまうわけですから、この場合も氏名は必要ありません。
また、自分と誰かが会話する場合にも「自分の氏名」は必要ありません。
したがって、氏名が必要となるのは世の中に多くの人がいるという前提で、誰かを指して話をする場合であり、第3者であると言えます。
これは住所についても同じです(私の家、あなたの家では区別できない場合に住所が必要となります)。
これらから言えるのは、氏名は自分自身を指しているのですが、それは第3者が誰かを区別するために必要とするものであり、その意味では「個人を示す公の情報」であり「私に属する情報」ではないと言えます。
privacyを個人情報としてしまったのが間違いのもとで、それによって本来保護すべき範囲を超えた領域に対策を取ることとなってしまっている状況が生まれ、コストが上がっていると言うのが現状だと思います。

別項で書いたことを再掲します。【注②】

 そもそも英語を日本語に変換する際には、その周辺の概念を把握しておく必要があります。
 英語を日本語に変換することは悪いことではないのですが、その日本語が一人歩きすると本来の意味とは変わってしまうことは多々あります。
 (中略)
 それらの言葉を取り入れる際に間違うのか、または取り入れる人は周辺の概念までわかっているが一人歩きした後に間違うのか……はわかりませんし、実際には各々によって異なると思います。
 日本語に訳し、日本に定着することが悪いのはなく、間違った状態で定着するとデメリットが発生する可能性がある(つまりリスクです)と言うことを認識する必要があります。


個人情報という言葉を一般化した結果、マクロではRiskが高くなった(コストもRiskです)のかも……と思うことが多々あります。


※「個人情報」を保護しなくても良い!と言っているわけではなく、何でも「個人情報」という言葉で括ってしまうのはマズいと言う意味ですので。。。

(続く)

 Risk Management(S)
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【Risk Management】#08-01_個人情報
注②】
 ※参考:【Risk Management】#04_言葉
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記