【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【健康】食の安全 #01-08
2012年09月06日 (木) | 編集 |
EFSAの健康強調表示についてのガイダンス

 EFSA further assesses health claims and publishes guidance
 7 August 2012

 EFSAのNDAパネルは、EUに健康強調表示の認可申請をする場合の2つのガイダンス文書を追加発表した。
 併せて「一般機能」健康強調表示についてのさらなる評価を完了した。

http://www.efsa.europa.eu/en/press/news/120807.htm?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_content=hl&utm_campaign=20120807&emt=1

▼各種微生物と腸機能の変化、栄養素の消化吸収、有害な可能性のある消化管内微生物の減少、免疫応答刺激に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼オリーブのポリフェノールと正常血中HDLコレステロール濃度の維持に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼Lactobacillus paracasei LPC 01 (CNCM I-1390)と疾患治療に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼Lactobacillus paracasei CNCM I-1688と Lactobacillus salivarius CNCM I-1794の組み合わせとおなかの不調削減、有害な可能性のある消化管内微生物の減少、乳糖消化促進、IL-10産生増加に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼Lactobacillus helveticus CNCM I-1722と Bifidobacterium longum subsp. longum CNCM I-3470の組み合わせと心理的ストレス緩和と「自然防御を強化するのに役立つ健康的な細菌叢のバランスを維持する」に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼Lactobacillus acidophilus BCCM/LMG P-18806とLactobacillus delbrueckii BCCM/LMG P-18805と Streptococcus thermophilus BCCM/LMG P-18807の組み合わせとおなかの不調削減、有害な可能性のある消化管内微生物の減少、乳糖消化促進、循環CD34+細胞数の減少に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼Bifidobacterium animalis subsp. lactis LMG P-21384と腸機能変化に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼Lactobacillus rhamnosus CNCM I-1720とLactobacillus helveticus CNCM I-1722とBifidobacterium longum subsp. longum CNCM I-3470 と Saccharomyces cerevisiae var. boulardii CNCM I-1079の組み合わせと病原性消化管微生物への防御に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼Lactobacillus helveticus CNCM I-1722, Bifidobacterium longum subsp. infantis CNCM I-3424とBifidobacterium bifidum CNCM I 3426とスクロース由来フルクトオリゴ糖の組み合わせと病原体免疫防御への寄与に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼同定されていない微生物に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
▼大豆イソフラボンと骨ミネラル密度の維持と閉経に関連する血管運動症状削減に関する健康強調表示の立証についての科学的意見


 helth(S).jpg
 (この絵については、こちら

▼▼▼詳細は「続きを読む」をクリックしてください▼▼▼

【詳細記事】

ガイダンス文書は、
 ・心理機能を含む神経系機能に関連するもの
 ・身体能力に関するもの
であり、これで一連のものが揃った。

EFSAは2011年6月に2758の強調表示をカバーする341の意見を発表して一般機能強調表示については評価を完了していた。
しかし、いくつかのものについて追加のデータが提出されたため、さらに評価を行った。
その結果、
 ・プルーンと正常な大腸機能
 ・食後血糖増加抑制とアルファシクロデキストリン
の2つは立証されていると考えられた。

個別意見
 ○……因果関係が確立されているもの
 △……条件付きで因果関係が確立されているもの
 × ……因果関係が確立されていないもの
 □ ……その他(根拠不十分、基準外等)
 ⇒……意見(評価済みを含む)

■■■EFSAが発表した一般機能健康強調表示についての意見(2012/08/07)■■■

■各種微生物と腸機能の変化、栄養素の消化吸収、有害な可能性のある消化管内微生物の減少、免疫応答刺激に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
 Scientific Opinion on the substantiation of health claims related to various microorganisms and changes in bowel function, and digestion and absorption of nutrients (ID 960, 961, 967, 969, 971, 975, 983, 985, 994, 996, 998, 1006, 1014), decreasing potentially pathogenic gastro-intestinal microorganisms (ID 960, 967, 969, 971, 975, 983, 985, 994, 996, 998, 1006, 1014), and stimulation of immunological responses (ID 962, 968, 970, 972, 976, 984, 986, 995, 997, 999, 1007, 1015) (further assessment) pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/2006
 EFSA Journal 2012;10(8):2857 [32 pp.].
 http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2857.htm
 × 根拠となるヒト研究がない
 × 免疫応答の刺激が良いことかどうかが確立されていない
 × 因果関係は確立されていない

■オリーブのポリフェノールと正常血中HDLコレステロール濃度の維持に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
 Scientific Opinion on the substantiation of a health claim related to polyphenols in olive and maintenance of normal blood HDL cholesterol concentrations (ID 1639, further assessment) pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/2006
 EFSA Journal 2012;10(8):2848 [9 pp.].
 http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2848.htm
 × 因果関係は確立されていない

■Lactobacillus paracasei LPC 01 (CNCM I-1390)と疾患治療に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
 Scientific Opinion on the substantiation of health claims related to Lactobacillus paracasei LPC 01 (CNCM I-1390) and treatment of disease (ID 3055, further assessment) pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/2006
 EFSA Journal 2012;10(8):2850 [14 pp.].
 http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2850.htm
 □ 過敏性腸症候群の症状緩和は疾患治療表示であり対象外である

■Lactobacillus paracasei CNCM I-1688と Lactobacillus salivarius CNCM I-1794の組み合わせとおなかの不調削減、有害な可能性のある消化管内微生物の減少、乳糖消化促進、IL-10産生増加に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
 Scientific Opinion on the substantiation of health claims related to a combination of Lactobacillus paracasei CNCM I-1688 and Lactobacillus salivarius CNCM I-1794 and reduction of gastro-intestinal discomfort (ID 2972), decreasing potentially pathogenic gastro-intestinal microorganisms (ID 2972), improved lactose digestion (ID 2972) and increasing IL-10 production (ID 2973) (further assessment) pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/2006
 EFSA Journal 2012;10(8):2856 [20 pp.].
 http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2856.htm
 × 因果関係は確立されていない

■Lactobacillus helveticus CNCM I-1722と Bifidobacterium longum subsp. longum CNCM I-3470の組み合わせと心理的ストレス緩和と「自然防御を強化するのに役立つ健康的な細菌叢のバランスを維持する」に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
 Scientific Opinion on the substantiation of health claims related to a combination of Lactobacillus helveticus CNCM I-1722 and Bifidobacterium longum subsp. longum CNCM I-3470 and alleviation of psychological stress (ID 938) and “maintains the balance of healthy microbiota that helps to strengthen the natural defence” (ID 2942) (further assessment) pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/2006
 EFSA Journal 2012;10(8):2849 [18 pp.].
 http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2849.htm
 × 何が効果として主張されているのか分からない。
 × 因果関係は確立されていない

■Lactobacillus acidophilus BCCM/LMG P-18806とLactobacillus delbrueckii BCCM/LMG P-18805と Streptococcus thermophilus BCCM/LMG P-18807の組み合わせとおなかの不調削減、有害な可能性のある消化管内微生物の減少、乳糖消化促進、循環CD34+細胞数の減少に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
 Scientific Opinion on the substantiation of health claims related to a combination of Lactobacillus acidophilus BCCM/LMG P-18806, Lactobacillus delbrueckii BCCM/LMG P-18805 and Streptococcus thermophilus BCCM/LMG P-18807 and reduction of gastro-intestinal discomfort (ID 2946, 2951, 2974), decreasing potentially pathogenic gastro-intestinal microorganisms (ID 2946, 2951, 2974), improved lactose digestion (ID 2946, 2951, 2974), and reduction in numbers of circulating CD34+ cells (ID 2947, 2952, 2975) (further assessment) pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/2006
 EFSA Journal 2012;10(8):2855 [23 pp.].
 http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2855.htm
 × 因果関係は確立されていない

■Bifidobacterium animalis subsp. lactis LMG P-21384と腸機能変化に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
 Scientific Opinion on the substantiation of a health claim related to Bifidobacterium animalis subsp. lactis LMG P-21384 and changes in bowel function (ID 2940, further assessment) pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/2006
 EFSA Journal 2012;10(8):2851 [14 pp.].
 http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2851.htm
 × 因果関係は確立されていない

■Lactobacillus rhamnosus CNCM I-1720とLactobacillus helveticus CNCM I-1722とBifidobacterium longum subsp. longum CNCM I-3470 と Saccharomyces cerevisiae var. boulardii CNCM I-1079の組み合わせと病原性消化管微生物への防御に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
 Scientific Opinion on the substantiation of health claims related to a combination of Lactobacillus rhamnosus CNCM I-1720, Lactobacillus helveticus CNCM I-1722, Bifidobacterium longum subsp. longum CNCM I-3470 and Saccharomyces cerevisiae var. boulardii CNCM I-1079 and defence against pathogenic gastro-intestinal microorganisms (ID 3017, further assessment) pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/2006
 EFSA Journal 2012;10(8):2853 [16 pp.].
 http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2853.htm
 × 因果関係は確立されていない

■Lactobacillus helveticus CNCM I-1722, Bifidobacterium longum subsp. infantis CNCM I-3424とBifidobacterium bifidum CNCM I 3426とスクロース由来フルクトオリゴ糖の組み合わせと病原体免疫防御への寄与に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
 Scientific Opinion on the substantiation of a health claim related to a combination of Lactobacillus helveticus CNCM I-1722, Bifidobacterium longum subsp. infantis CNCM I-3424, Bifidobacterium bifidum CNCM I 3426 and fructo oligosaccharides from sucrose and contribution to immune defence against pathogens (ID 3016, further assessment) pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/2006
 EFSA Journal 2012;10(8):2852 [15 pp.].
 http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2852.htm
 × 因果関係は確立されていない

■同定されていない微生物に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
 Scientific Opinion on the substantiation of health claims related to non characterised micro-organisms (ID 2936, 2937, 2938, 2941, 2944, 2965, 2968, 2969, 3035, 3047, 3056, 3059, further assessment) pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/2006
 EFSA Journal 2012;10(8):2854 [36 pp.].
 http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2854.htm
 × 因果関係は確立されていない

■大豆イソフラボンと骨ミネラル密度の維持と閉経に関連する血管運動症状削減に関する健康強調表示の立証についての科学的意見
 Scientific Opinion on the substantiation of health claims related to soy isoflavones and maintenance of bone mineral density (ID 1655) and reduction of vasomotor symptoms associated with menopause (ID 1654, 1704, 2140, 3093, 3154, 3590) (further assessment) pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/2006
 EFSA Journal 2012;10(8):2847 [35 pp.].
 http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/2847.htm
 □ 提供された根拠は因果関係を確立するのには不十分



【参考記事】
 ※参考:【健康】食の安全 #01-01
 ※参考:【健康】食の安全 #01-02
 ※参考:【健康】食の安全 #01-03
 ※参考:【健康】食の安全 #01-04
 ※参考:【健康】食の安全 #01-05
 ※参考:【健康】食の安全 #01-06
 ※参考:【健康】食の安全 #01-07
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記