【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】週間朝日の「ハシシタ」報道について #03
2012年10月23日 (火) | 編集 |
あらあら……という状態になってしまいました。
で、#03です。

橋下大阪市長の逆鱗に触れたと思われる「連載第一回の週刊朝日を、週刊朝日サイドが実母に送り付けた」という事実が存在しなかったようです。【注①】
この件が橋下大阪市長の怒りの火を大きくしていたようで、週間朝日を鬼畜集団と認定していましたが、その根底が崩れてしまったようです。

橋下大阪市長は、公人として取材拒否を決定し、公人として週間朝日を鬼畜集団と認定し、これらを公言しました。
ということは……橋下大阪市長の論で言えば、事実関係を第三者機関で調査し、どのような経過でこのようなことになったのか?を明らかにしなければなりません。
今回の行動が危うさを持っていたのは、ここです。
私人としての橋下徹氏の行動であれば収拾が容易であったのでしょうが、公人(大阪市長)としての行動でしたから、これは大阪市として週間朝日を鬼畜集団と認定し、大阪市が取材拒否をしたことになります。
公人が公言するということは、そういうことです。
特に今回は、大阪市長としての記者会見で口にしています。
そうなると私人としての橋下徹氏の勘違いではすまないわけです。
ここはキチンと抑えておかなければなりません。

さてさて……これに対して週間朝日側が本気で対応するのか?それとも大人の対応で終わらせるのか?
普通に考えれば、存在しない事実によって公の場で罵倒されたのですから、著しく名誉を傷つけられたと言われても仕方ない状況です。
それも公人が……ですから、問題は大きい。
どこに着地するのか???と思います。

------------------

【注①】
 ※参考URL:Twitter(2012年10月23日 - 15:54)
 ※参考URL:Twitter(2012年10月23日 - 15:56)
 ※参考URL:Twitter(2012年10月23日 - 15:58)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記