【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】Twitterにて
2012年12月02日 (日) | 編集 |
Twitter文字制限がストレスです。
書きたいことが書ききれない……。
ということで、ここで書ききれなかった部分を書いておこうと思います。


▼そうですね。「大津いじめ事件」を考えると、複雑な利害関係が多い普天間やTPPを上手く処理できるとは思えませんね。でも県行政を上手くまとめることが出来ないのに国政ですか……。


これは滋賀県知事が国政に進出したことについて、滋賀県の県政は大丈夫だろうか?という問いかけに対して「大津いじめ事件をみれば……」というツィートに対するものです。
大津いじめ事件は、大きな話題になりました。
これを収拾できなかったのですから、地元の経済や感情的反発など……多くの人の利害関係が絡む普天間問題を上手く処理できるのか?と思います。
民主党政権による傷は深く、簡単ではありません。
それを解きほぐすことができるのか?
今は、どこ(誰)も上手く処理できないかもしれません。
しかし……これ以上の混乱は……大津いじめ事件を考えると、そんなことを思います。
TPPも同じです。
業界によって利害が異なりますし、他国との交渉ですから……。


▼その恩恵を受けて今の生活があります。世界的には恵まれているのでは?と思います。原発が「ある」より「ない」方が良いのでしょうが、その恩恵の中で生きているのも事実。狭い視野ではなく、色々なことを考えた上で発言するべきと思います。


これは原発に対するものです。
「脱原発」だけで考えるのは、今を支えることが出来ないと思っています。
ですから「脱原発」というキャッチフレーズではなく、それによる影響まで考慮すべきです。


▼そうですよね。結局、経済全体が上向かない限り、小さなパイを割る数が増えるだけにしかならないと思います。その状況にすると経済全体が上向くのか?ということを説明できなければ、前衆院選の民主党マニフェスト並の夢物語でしかないと思います。女性の社会進出は、視点や考え方を変えるという意味では必要だとは思いますが、それはパイ全体を大きくしなければ、今はお金を使っている人たちも貯め込むようになってしまう(一箇所に出ていく額が小さくなるため)ように思いますね。
▼後半は、女性を社会科学的に捉えるか、自然科学学的に捉えるか?(この場合、女性と表現するのが妥当か?)でしょうね。滋賀県知事は、発言を聞く限り社会科学的にしか捉えていない(そういう視点でしか発言していない)ように思います。それで良いのか?すごく疑問です。


これは未来の党の主張について、Twitter上で対話したものです。
女性の社会進出が悪いとは思いませんが、現状ではパイの取り合いになるだけです。
パイそのものを大きくしなければ、一箇所に動く金額が小さくなるに過ぎません。
そうなると将来を考えて、支出は絞られる……当たり前の構図です。
それは経済の縮小を意味します。
したがって、女性の社会進出を促進するなら、まず経済を立て直す必要があります。
また未来の党の党首は、女性を社会科学的な視点で見た発言しかしていません。
しかし……それが女性にとって幸せなのかどうか?と思います。


▼スーパーウーマンは無理ですよ。子どもはモノやコトではなく、ヒトなんです。(自然科学的な)ヒトを(社会科学的な)人間に育てていくのも家庭でするべきことで、それは大変なことではないのか?と……。時間が無制限にあれば可能でしょうが、どうなんだ?と思います。


これは上のツィートに対して、「滋賀県知事は、スーパーウーマンを望んでいるのでは?」という内容の返信に対するものです。
個人的には、滋賀県知事が……ではなく、他党の男性代表者が口にするなら仕方ないと思わなくもないのですが、女性が口にするのを「アル意味」で怖く思います。
Twitterで書いたように子どもはモノやコトではなくヒトであり、(自然科学的な)ヒトを(社会科学的な)人間に育てていくのも家庭でするべきことで、それは大変なことだと思います。
でも、それを女性の社会進出という言葉で見えなくしている……そう思います。
それは、とても不健全だと思います。
これは女性の社会進出が不要と言っているのとは違います、女性には男性にできない仕事があります。
子どもを産むとか……そういう意味ではなく、テレビを見ながら電話をして、どちらもそれなりに出来ている能力(あくまでも一般論で個体差はありますが)は、それを活かす場で働けば男性より大きな戦力になります。
これは間違いないことです。
また、その能力の違いは、視点や考え方の違いを生みますから、社会進出そのものは悪ではありません。
でも……と思うんですね。


▼維新の会の原発対応は、何が本当なんだろう?「今は具体的な工程表をもっていないので年限を切らなかった」→「既存の原発は、2030年までにフェードアウト」→「見直させる」


これは維新の会の原発対応に対するものです。
Twitter上(橋下大阪市長):「今は具体的な工程表をもっていないので年限を切らなかった」
維新の会公約:「既存の原発は、2030年までにフェードアウト」
公開討論会(石原代表):「(2030年までにフェードアウトを)見直させる」
おいおい……これが2日以内に行われたのですから……意味が分かりません。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記