【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【インフル】ある掲示板に書き込んだ記事(2009/12/09)
2010年01月31日 (日) | 編集 |
■■■2009/12/09(水)■■■
現在、流行しているインフルエンザを「新型インフルエンザ」と呼んでいますが、医学的に特別な理由があって「新型」と呼んでいるわけではありません。
この種の疾病について、スペイン風邪(1918年)、アジア風邪(1957年)、香港風邪(1968年)、……等のように「発生地名」を付して呼ぶことが多いため、通常であれば『メキシコ風邪』または『アメリカ風邪』と呼ぶのですが、今回はアメリカ・メキシコが猛反発していることから「新型インフルエンザ」と呼んでいます。
WHOでも「pandemic 2009」と呼んでいます。
また、一般的に豚インフルエンザとも言い、強毒性と言われる鳥インフルエンザと区別していますが、現在、流行しているものも鳥由来のインフルエンザには変わりありません。
鳥インフルエンザウィルスとヒトインフルエンザウィルスでは、レセプターが異なっている(鳥:α2→3結合/ヒト:α2→6結合)ため直接には感染しませんが、豚にはα2→3結合・α2→6結合の両方が存在するので、鳥由来・豚経由で感染することになります。……【注】
したがって、今と同じ考え方で行けば、強毒性の鳥インフルエンザがパンデミックを起こした場合においても突然変異が起きなければ「豚インフルエンザ」になります。

【注】
※ヒトの一部には遺伝的にα2→3型の糖鎖を持った人も存在することも報告されています。

■ノルウェーで確認されたウイルス変異の公衆衛生上の意義 パンデミック(H1N1)2009-briefing note その17
■2009/10インフルエンザシーズンに推奨されるワクチン株
■2009/10シーズン初のインフルエンザウイルスAH3亜型分離
■新型インフルエンザ感染が証明された劇症型溶血性レンサ球菌感染症の1例
■インフルエンザウイルス分離・検出速報
■新型インフル、入院1万人突破…最多は5~9歳
■北米の新型インフル感染、第2波がピーク超え
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記