【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【インフル】ある掲示板に書き込んだ記事(2009/12/14)
2010年01月31日 (日) | 編集 |
■■■2009/12/14(月)■■■
抗インフルエンザ薬について2009/11/28に書き込みしましたが、ニュース等を見ているとタミフルやリレンザについて一部で誤解するような表現がされているので追記しておきます。
タミフル・リレンザは、一般的には「インフルエンザ治療薬」と言われており、そのように報道されていますが、実際にはインフルエンザを治療するような薬効はありません。
これらの薬の効果は、『ノイラミニダーゼ という酵素を阻害することにより、インフルエンザウイルスが感染細胞からきちんとしたエンベロープを形成して出てくるのを阻害する』と言うものです。
要するに『インフルエンザウイルスが感染した細胞内に(わかりやすく言えば)閉じ込められる』と言うのが薬効です。
もっとわかりやすく書けば『ウイルスが新たに拡散するのを阻害する』と言うことであり、これらの薬には既に増殖したウイルスを失活させる効果はありません。
したがって、タミフルやリレンザを服用しても、その時点で既に体内に存在するウィルスについては免疫により自力で対応しなければならないと言うことを忘れてはならないと言うことになります。

■新型インフル、死者1万人に迫る WHO集計
■新型感染者の18%が無症状 大阪、関西大倉高で抗体検査
■インフル患者の報告大幅減 厚労省など集計
■入院中の免疫抑制状態にある患者から検出されたオセルタミビル耐性ウイルス パンデミック(H1N1)2009-briefing note
■「品質の問題考えにくい」 英社ワクチンで厚労省
■ワクチン副作用、加政府「成分に問題なし」
■カナダ製ワクチン副作用は一部…厚労相 
■ワクチン輸入、慎重に進める 新型インフルで厚労相
■インフル異常行動、6割が目覚めた直後に
■米のインフル流行地域、減少続く
■新型インフル、流行の年齢層広がる
■新型ワクチン健康被害、救済制度スタート
■新型インフル、死者8768人に ハイペースの増加
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記