【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【インフル】ある掲示板に書き込んだ記事(2009/12/22)
2010年01月31日 (日) | 編集 |
■■■2009/12/22(火)■■■
新型インフルエンザについて、巷に様々な話が出ており、どういうわけか色々と聞かれます(それが、ココに書いているものの元だったりします)。
先日、知人同士の話で『新型インフルエンザは、例年の季節性インフルエンザより致死率が低く、怖くない』ということを話していました。
詳細を聞くと、そのようなことをテレビで報道があったとのこと。
曰く、『医療体制が整っている国では、例年の季節性インフルエンザと比較しても怖くない』とか『全体的に過剰反応している』と言うような内容だったとのことです。
そのような傾向は、世界的にも発生しているようです。……【注1】
確かに過剰反応していないとは言えない面もありますが、『致死率が低い』ことを以て『怖くない』と言うのは乱暴な表現です。
致死率については、『過剰な反応』をしているので、例年の季節性インフルエンザの場合には「風邪だろう」で済ませていた症状であっても病院に行ってみるため、感染しているものの放置していても問題のない者も母数に入ってきます(このような者は、例年の季節性インフルエンザでは病院に行っていないと考えられます)。……①
また、同様の理由により軽症の段階で病院に行くため、重症化しないことも一因としてあります。……②
これらから言えるのは、【致死率が低いのは新型インフルエンザが例年の季節性インフルエンザと比較して弱い】からではなく、過剰に反応した結果として例年とは意識の持ち方が違うためと考える方が妥当です。
要は、①から母集合が異なると言うことができますし、②から低リスク段階で処置を受けているため例年とは受診者の状態が異なると言うことです。
さらに、ここで言う致死率は「新型インフルエンザにより直接死亡した者」を前提としていますので、他の病気を併発した場合には算入されていないことも考えられます(当然、死因が特定できない場合も同じです)。
したがって、致死率を以ての単純な比較は意味がありません。
統計数値を見る場合には、このようなことがありますので、前提を揃えておく必要があります。……【注2】
一方でWHOが騒ぎすぎだった(日本のマスコミも同じ)可能性はありますが、これについては今後の詳細な研究で「本当に危険だった」のか「本当は危険性は低かったのか」が明らかになると思います。
それまでは、リスクが存在することとして行動するのがベターと思います。

【注1】
伊、ワクチン接種率低く廃棄も 新型インフル(2009/12/15)
【注2】
前提が揃っていない統計数値としては、「癌による死亡者数が増えている」と言うのも同じです。
実際の数値としては確かに増えていますが、年齢調整死亡率で考えると減っています。
年齢調整死亡率は、『人口の年齢構成による影響を排除したもの』ですから、『異なる年齢構成の集団を比較できる有用性を持っている』数値です(時代による推移を考える場合に有効)。
癌は加齢(老化)によるものが多いことから、本来の病気としての癌を対象とする場合には、老化を要素から取り除く必要があります(統計の基準を変えなければ、老人が増えれば癌患者は増えますし、癌死亡者数は減ることはないと言うことです)。
これは「老人が少なく、若者が多い時代」と「老人が多く、若者が少ない時代」を単純に比較することはできないことを意味しています。
このように統計処理には、環境という要素を揃える必要がありますが、その作業をしていないものが多々ありますので注意が必要です。

▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
■鳥インフルエンザ-カンボジアにおける状況
■鳥インフルエンザ-ベトナムにおける状況-更新7
■新型インフル対策奏功か、12感染症が激減
■高病原性ウイルスにも効果 インフルの新治療薬
■「タミフル」ドライシロップ剤、予防薬として承認
■インフル第3の治療薬ペラミビル、来月承認へ
■「新型」死亡の患者、タミフル耐性ウイルス検出
■死者数は世界で1万人突破 新型インフルでWHO幹部
■新型ワクチン、中高生も1回接種 高齢者はすべて国産に
■新型ワクチン、「細胞培養法」で製造増強へ
■伊、ワクチン接種率低く廃棄も 新型インフル
■鳥インフルエンザ-ベトナムにおける状況
■新型インフルの心筋炎患者救命 岐阜、特殊な人工心肺で治療
■「新型」ワクチン、健康な成人にも接種へ
■「全員に接種」2割未満 新型ワクチンで医師調査
■新型インフル・重症肺炎に新治療法?
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記