【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【インフル】ある掲示板に書き込んだ記事(2010/01/05)
2010年01月31日 (日) | 編集 |
■■■2010/01/05(火)■■■
再びマスコミが興味を失ったためか……新型インフルエンザについての報道が下火になっています。
12月22日に書いたように一部で『新型インフルエンザは、例年の季節性インフルエンザより致死率が低く、怖くない』との報道がなされたことも一因だろうと思います。
しかしながら、実際には世界的に死者は増加していますし、日本国内でも死者は増えています。……【注①】
新型インフルエンザについては、そのイメージから「マスクの着装」「手荒いの慣行」「早期に病院に行く」等の対処により現時点では拡大を防いでいる状況にありますが、これらを多くの人が止めた後でも同じ状態を維持できるかどうかは判断できません。
現状においては、これらの対処により季節性インフルエンザが抑えられている可能性もあります。
また、年末年始に海外旅行した人の中で、海外で新型または季節性インフルエンザに感染した人がいる可能性もあります(発症は今後と思われます)。
まだ暫くの間は、それなりの対応が求められます。

【注①】
2009/12/25現在:死者128人(うち基礎疾患を有する者93人)
新型インフルで岐阜の女性死亡 持病なし
新型感染の68歳男性死亡 名古屋
新型感染の30代男性死亡 熊本
千葉県で初の新型インフル感染死 43歳男性、基礎疾患なし
福井で新型インフルの男性死亡 40代、持病なし
大分で新型感染の女性死亡 高血圧の持病
新型感染の60代男性死亡 群馬、基礎疾患あり
新型インフルで中1女子死亡 栃木、基礎疾患あり

▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
■新型インフル、家庭内感染率は低め…米調査
■2009年インフルエンザA(H1N1)1価ワクチンの安全性-アメリカ、2009年10月1日~11月24日
■アメリカンインディアン/アラスカ原住民における2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)関連死-12州、2009年
■新型インフル終息遠い WHO事務局長が会見
■死亡リスクとの関連調査へ 新型ワクチンで厚労省
■世界の新型インフル死者、1万2千人超す
■成人は1回接種で十分、痛み目立つ輸入ワクチン
■新規受診患者数、ピークから半減…新型インフル
■新型インフル、子どものこんな症状注意
■輸入ワクチン試験、成人は1回で効果…厚労省発表
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記