【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【武道日記】柔道(の指導)について #04
2014年07月02日 (水) | 編集 |
#01も書きましたが、ある学校の先生(柔道の指導者)がSNSで書いていた内容があまりにも酷くてスルーできなかったので、大人げなく……長文を書いてしまいました。
長いので、何度かに分割してUPしています。

------------------

前回の続きです。

話はズレますが、狭い視野に陥ってしまって……という現象は色々なところで見かけます。
専門性が求められる業界は、特にそうです。
例えば医療。
専門医が多くいるのは悪いことではないのですが、患者の全体を観ることができる医師が少ないため、適切な診療科に患者が辿り着くまで時間が掛かったという話は、珍しくありません。
会社組織でも同様で、ローカルな知識や能力は秀でている者が多いものの、ジェネラリストが少ないために全体としては上手く動いていないという話も珍しくはありません。

限定されたものだけを磨いても、全体が見えなくなっては意味がありません
本当に必要なのは、全体を把握する(何となくでも良いので)能力を磨いた上で、部分の能力を伸ばしていくという行為であり、そうするのが指導者の仕事です。
全体なしに部分を磨いても……。
ソシュールだったと思いますが「部分の総和は、全体にはならない」という前提を忘れてはいけないと思います。

  (続く)

 budo.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記