【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】検査 #01-01(胃カメラ)
2014年09月01日 (月) | 編集 |
先日、人間ドックの記事を書きました。
その時に受けた色々な検査について、もう少し何とかならないのか???と思います。

先日の記事にも書いたのですが、まずは経口内視鏡(胃カメラ)【注①】
経口胃カメラが辛いのは、喉の奥を通過する時だけではなく、通過した後もケーブルが動く度に喉を擦るからです。
そうなると喉を擦らないような構造にすれば良いのだと思います。
一度、喉を通過したら、喉の奥を擦らないように……刺激を少なく出来ないものなのでしょうか?
構造的には、ケーブルが二重になっていて、外側を固定して内側だけが動けば喉への刺激は減ります。
実際、喉のを通過する辺りが問題なので、そこが二重になっていれば……と思います。
具体的には、喉の部分にパイプが通っていて、その内側を胃カメラが通れば……。
そのような構造にはできないのでしょうか???

経鼻内視鏡(胃カメラ)【注②】は、口からものより一回り細くなっています。
その外側にパイプ状のものを付けることは可能だと思うのですが……。
まあ……そもそも経鼻内視鏡の太さで検査可能であるとすれば、経口内視鏡の太さが必要とは思えません。
経鼻内視鏡の太さであれば、喉への刺激は全然違うような気がします。
逆に経鼻内視鏡の太さでは、充分な検査が出来ないと言うのであれば、「それで良いのか?」と思います。

(続く)


------------------

【注①】
・経口内視鏡(胃カメラ)……口から入れる胃カメラのことです。
【注②】
・経鼻内視鏡(胃カメラ)……口から入れる胃カメラのことです。


 medical(S).jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記