【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【インフル】タミフルと異常行動
2010年06月19日 (土) | 編集 |
インフルエンザ騒ぎで報道に載ったものの一つにタミフルによる異常行動があります。
タミフルによる異常行動は、本当に存在するのでしょうか?
インフルエンザ発症で異常行動をとることは、薬剤とは無関係に症状の一つとしては周知の事実です。
要はタミフルの投与の有無に関わらず、異常行動は一定の確率で発生するということです。
そう考えると、異常行動という症状が出た者はタミフルの服用の有無とは関係なく発生した可能性の方が強いように思います。

ただ……例えば異常行動がタミフルによるものだったとしても、タミフルを接種するかどうかの判断はキチンと考える必用があります。
これはタミフルに限ったことではありません。
本来、薬剤は異物ですから毒性を持っています(これは漢方も同じです)。
その性質によるプラスとマイナスを比較してどうするか?を考えなければなりません。
これを全て医師の判断に任せることはできません。
薬剤による副作用は、薬剤が毒性を持っている以上は一定の確率で発生します。
この原因が個体差である以上、副作用があっても本来は医師に責任を問うことはできません。

そこをキチンと考えておく必用があります。
したがって最終的に判断するのは、第1に本人であり、第2には家族です。
現時点ではタミフルの外にも何種類かの薬剤がありますが、各々に副作用がないとは言えませんので同じように考えることが必要です。

------------------

【参考】
 ※参考URL:インフルエンザ薬「タミフル」で異常行動?①
 ※参考URL:インフルエンザ薬「タミフル」で異常行動?②
 ※参考URL:インフルエンザ薬「タミフル」で異常行動?③
 ※参考URL:インフルエンザ薬「タミフル」で異常行動?④


▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼


新型インフルエンザ情報】
 ■新型インフル疑い、2割は別ウイルス…感染研調査
 ■危機管理体制の大幅強化を 新型インフル対策で提言
 ■「感染力に応じ複数対策を」…新型インフル報告書案
 ■中国、鳥インフルで女性死亡 死んだ家禽類に接触
 ■タミフル耐性の仕組み解明 インフルエンザで米チーム

【鳥インフルエンザ情報】
 ▲鳥インフルエンザ-中国における状況 2010年6月8日 WHO
 ▲WHOに報告されたヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例数 2010年6月8日
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記