【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】野党
2014年09月22日 (月) | 編集 |
どうも……野党が賑やかになっています(悪い意味で……ですが)。
確かに与党に押されっぱなしで露出が少なくなっていますから、何らかの形でメディアに出なければ存在意義を疑われますが、それでも……こんな出方は……。

維新の会は、スッタモンダの結果、石原派と橋下派に分裂しました。
石原氏と橋下氏は「野合」を否定していましたが、党としての考え方の方向性を整理しないまま一つになったのですから、野合以外の何ものでもなかったのだと思います。
そして結果は分裂。
そして維新の会の橋下派は、今度は結いの党と一つになるようですが、これも党名でスッタモンダしています。
個人的には「維新」という言葉に拘る龍が理由が分からないのですが……。

みんなの党は、先日書いたとおり内紛続きです。
少し前に結いの党が分裂したかと思うと、今度は新旧の代表の間でドンパチやっています。
まあ……問題を起こして職を辞した前代表が、問題の清算をしないで表部台に出ようとしる時点でどうか……と思います。
どうも……お山の大将になりたい!と権力闘争をしているとしか思えないのですが……。

そして民主党……。
役員を改選して、勢いを取り戻したいのでしょうが、メンバーが……。
今回の役員改選では、民主党政権時代に要職に付いていた人が多く登用されています。
日米関係を筆頭に日本の政治に混乱を招いたメンバーと言ってもいい人たちを登用する理由は何でしょう?
このメンバーで国民の信頼を得ることが出来ると思っているなら、国民をバカにしているとしか思えません。
そもそも民主党が何を目指しているのか?分かりませんし……。

こんな野党では、現与党に戦いを挑むのは無理だと思います。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記