【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】医療ミス・医療訴訟 #08
2014年10月29日 (水) | 編集 |
この「医療ミス・医療訴訟」の項は、部分的に読むと誤解されやすい内容だと思いますので、私の視座をご理解いただくため、カテゴリーの最初から読んでいただければ……と思います。





前回の続きです。

今回も引き続き医療ミスではなく訴訟について書こうと思いますが、視座を確認するため、『【医療】医療ミス・医療訴訟 #05-01』の冒頭部分を再掲します。

 この項の最初に書いたように『色々と批判もある』のはわかっていますが、あまりにも見ていてヒドイなあ~と思う例が多いので、個人的な思いを書いてみます。
 ここから先、現状認識をするため、医療訴訟を起こしている(または過去に起こした)人に対して厳しいことを書くと思います。
 ただ、思いの前提は
  (1).医療は個体差があり、そのため不確実性を内包するものであること
  (2).善意で行った行為が不幸な結果となった場合、それを裁くことができるのか?
 ということですので、あしからず……。



さらに、医療の質(コストを含む)にも影響が出ます。
所謂「Defensive Medicine(防衛医療)【注①】」の問題です。
要するに「訴訟になった時のことを考えて、本来は不要と思われることまで検査する」ことによる直接的なコストアップ(間接的には、それによる人件費の増加や時間の浪費が考えられる)や「医学的には妥当であっても、リスクが高いので処置を控えるようになる」という質の低下の問題です。
これらにより「助かる命が助からなくなる」という状態が発生します。

これらから医療訴訟は、原告にとっては何らかのメリットがあるのかもしれませんが、それによる社会的なデメリットが大きすぎると言えます。
厳しい言い方になりますが『個人的なメリットはあるかもしれないが、その個人のために社会的には大きなデメリットを背負うことになる』ということです。
人間であれば誰でも間違えますが、医療訴訟は『その間違えた者が「医者」であり、医者という仕事が「人間を相手にすること」であった』ということで、色々なことを好き勝手に言っている状況にあります(他の仕事であれば、同じような確率で発生する間違いについて、その間違いを起こしても同じような話にはならないはずです)。
そう考えると、本来は訴訟でどうこうする問題ではないはずのものです。
そろそろ社会全体が、そこに考えを戻して再考するべきではないかと思います。

(続く)

 medical(S).jpg



【注①】
 ※参考URL:防衛医療

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記