【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】必要なのは…… #01
2014年09月25日 (木) | 編集 |
また……と言いたくはありませんが、残忍な事件が発生しました。
児童を殺害し、遺体を切断する……。
考えられない行為なのですが、これを近所に住んでいる人がやってしまうのが現代社会なのか……と思ってしまいます。

こういう事件が発生すると道徳の話がよく出てきます。
それはそれで大切なことだと思いますし、必要なことだと思いますが、少し違った視点で書こうと思います。

こんなことが起きるのは何故?と考えると、熱中すること(身体を動かすこと)がなかったり、限度(程度)が分からなかったり……に起因するのではないか?と思います。
これは別に残忍な事件を起こす者だけの問題ではなく、いじめの問題の根底にあるのも同じだと思っています。

野球でもサッカーでも、柔道でも空手でも……何でも良いのですが、学校の勉強以外で本気で熱中できることがあると、いじめなんてやっているようなヒマはありません。
そんなことに時間を費やすのであれば、練習をしますから。
それに身体を動かすと、色々なことが分かります。
自分の身体でさえ、自分の思ったようには動いてくれませんから、他人が自分の思ったとおりには動かないということは自然と分かるはずです。
また個体差も自然と分かってきますから、違うことが特別なこととは思わなくなります。
そうなると他者との比較とは違う視点を持つようになります。
ただし勝負に特化してしまうと、話は違ってきたりしますが……(他者との比較がメインになってしまうため)。

以前、こんな事件がなかったとは言いませんし、単に報道が追いつかなかっただけなのかもしれませんが、異様な事件が多いように思います。
それは身体を動かすことが少なくなったことと関係しているのではないか?と……そんなことを思います。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記