【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【仕事】評価主義・成果主義 #07-01
2010年06月21日 (月) | 編集 |
前回【参考】書いたことが理解できれば、この制度を導入した企業で制度を継続している理由は何か?ということになります。
この制度を企業が止めない理由として個人的に聞いているもののほとんどが、実際のところは「有用だから……」ではありません

実際の理由は、
 ①.それなりに運用している
 ②.有名無実になっている
 ③.導入に携わった上層部の人の顔を潰さないように……
 ④.賃金抑制に役立っているから
という消極的な理由であり、制度の本質とは別の方向性で運用されていることが多いと聞きます。

①②については制度導入のために「それなりのお金がかかっているので簡単に止めたとは言えない」から『とりあえず制度はそのままにしておかなければならない』との消極的な理由で継続されているにすぎません。
③については「そういう人」が退職したのを期に止めてしまった企業もありますので、実情は「止めない」のではなく「止めることができない」だけであり、これも消極的な理由に当たります。
④については短期的には役に立っているかもしれませんが、今後は……という見方をされています。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記