【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【囲碁】ルール #07
2014年10月11日 (土) | 編集 |
囲碁のルールでコウの他にもう一つ、面倒な形があります。
それをセキと言います。

この写真の左上の形がセキです。

 igo@seki01.jpg

アップにすると、こうなります。

 igo@seki02.jpg

この状態がどうなっているのか?と言えば……。

 igo@seki03.jpg

青線で囲ったところに白から打つと、白が取られてしまいます。
一方で黒から打つと、黒が取られてしまいます。
ということは、どちらから打っても損にはなっても得にはならないということです。
ですから何もなければ、この状態のまま終局まで放置されます。
このような状態をセキと言います。
終局後にお互いの陣地を数えますが、その時にはどちらにもカウントしません。

ちなみに「何もなければ」と書いたのは、これをコウの時に使うことがあるからです。
コウでは、自分の打った手に対して、相手に応じてもらえるだろうと思うところ、もしくは相手が応じなければそれなりの得ができるところを探して一手打ちます。
そういうところを「コウ材」と言いますが、損得が大きなコウが出来た時には、セキになっているところを使ってコウを争うこともあります。

他にも面倒なものが「両コウ」等がありますが、それはまた別の機会に……。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記