【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【インフル】ある掲示板に書き込んだ記事(2010/01/25)
2010年01月31日 (日) | 編集 |
■■■2010/01/25(月)■■■
2010年1月20日、厚労省からインフルエンザが原因で10日から16日までの1週間に休校や学年閉鎖、学級閉鎖の措置を取った教育関連施設が693施設あり、前週(58施設)の約12倍となった。」との発表がありました。……【注①】
新型インフルエンザが収まりつつあるように思われたのは、年末年始で人の交流が少なくなっていたためではないか?と言う疑問が出ています。
また同日、厚生労働省から『19日時点の死亡者は計168人に上り、うち約7割(121人)が基礎疾患(持病)がある人だった』との発表がありました。
この書き方では、「基礎疾患がある人は、リスクが大きいので注意が必要」と読めますが、本来は「基礎疾患がある人は『特に』注意が必要」と読まなければなりません。
この発表を書き替えれば『19日時点の死亡者は計168人に上り、うち約3割(47人)が基礎疾患(持病)がない人だった』となりますので、「死亡者の3~4人に1人は基礎疾患がない人」ということになります。
恣意的に発表したとは思いませんが、書き方を変えるだけで印象は大きく変わります。
死亡者数については、例年の季節性インフルエンザと比較して得に多いと言うわけではありません【注②】が、これは啓発による対応によってリスクが低減されたためとも考えられます。
報道(発表)には報道側(発表者側)が意図的にバイアスをかけることが多々ありますし、意図しなくても書き方によってバイアスがかかってしまうことがありますので、注意が必要です。

【注①】
インフル休校693施設と大幅増 学校の本格再開で
【注②】
インフルエンザによる死亡者の推移

▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
■ある学校における2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)のアウトブレイク
■2009年パンデミックインフルエンザA(H1N1)による入院患者
■インフル予防「読むワクチン」いかが
■発症前にウイルス検出、唾液から 新型インフルで鹿大教授ら
■インフル患者7週連続減少 厚労省は慎重姿勢
■インフル休校693施設と大幅増 学校の本格再開で
■新型ワクチン、0歳児にも…全国民が接種対象に
■「新型」輸入ワクチン、販売後に副作用調査へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記