【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【健康】高齢者の癌検診について #07
2014年12月09日 (火) | 編集 |

#01からの引用です。)
実は、この話はUPしようかどうか……迷いました。
内容的には高齢者に冷たい内容になるので……。
でも「こういう考え方もある」ということも必要かも……と思い、UPすることにしました。



前回の続きです。

前回まで【注①】、分かりやすかったので日本乳癌検診学会の事例を考えてみましたが、他についても同様です。
結局は、止めない理由はありません。
個人負担で検診を受けることには反対しませんが、少なくとも税金を使っての検診は止めるべきでしょう。
何といっても現状では検診を推進する理由はないのですから……。

話を日本乳癌検診学会のホームページから戻して……。

時々検診の受診率の話題が出てきますが、それでも日本人は検診を受けすぎていると思います。
会社では健康診断が毎年ありますし、人間ドックや脳ドックもあります。
その上で〇〇癌検診がたくさん存在しています。
自治体主導で行われてるものの多いこと……。

しかしながら……もともと癌検診の有効性はどうか?と問われれば、それほど大きくなく、日本においても推奨されているものも少ないというのが現実です【注②】
ここで参考にした表は日本のものですから、先に書いたUSPSTF(US Preventive Services Task Force,米国予防医学専門委員会)のガイドラインを重ねれば、さらに有効性は小さくなります。
それも高齢者に限っていえば、全年齢を対象とするよりも有効性は小さいというのが現実です。

それに対して税金を投入すべきなのか???
大きな疑問です。

 ※続きはボチボチ書いて掲載します。

 helth(S).jpg



【注①】
 ※参考:【健康】高齢者の癌検診について #03
 ※参考:【健康】高齢者の癌検診について #04
 ※参考:【健康】高齢者の癌検診について #05
 ※参考:【健康】高齢者の癌検診について #06
【注②】
 ※参考:がん検診ガイドライン 推奨のまとめ
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記