【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】医療崩壊 #05-03
2010年06月29日 (火) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

医療は性格上、不確実性を内包していますので、「事故」と「ミス」の判断が困難なものという認識が必要です。
今、問題なのは「結果が思ったとおりでなければ、何でも医療ミス」という風潮ですので、本当に「ミス」なのかどうかを判断する専門機関が必要です。
そこで判断をしてしまい、裁判に訴えることを制限する必要があるように思います。
専門機関での判断を行う場合、当然ですが、感情論【注②】を排除しなければなりません。
「かわいそう……」という感情が入った時点で、医療提供者に対してマイナスとなります。
これでは公平な判断はできません。

要は医療という分野に自由競争は適当でない」と言いながら、自由にし過ぎたのが現状を生んだのであり、何でも「弱者救済」と言った結果がワガママな状態を作ったと考えれば、それを制限するところからスタートしなければ、医療制度全体の立て直しはできません。
家を建てるには土台をキチンと作る必要がありますし、キチンとした土台を作ろうとすれば良質な地盤の方が良いに決まっています。
一度、医療を本気で考えてみても良いのではないか???と思います。

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【医療】医療崩壊 #05-02
【注②】
 ※参考:感情論
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記