【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【組織】主従関係 #07
2015年02月10日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

また量の話だけでなく、質の話も同様です。
分かりやすい例では、右側にあるものを取るのに左手を使うとか、手でした方が良いことを脚でするとか……そういう指示が出ていないかどうか?も考えなければなりません。
例えば50kgのものを運ぶことを考えてみると
 ・手で50kgのものを抱える。
 ・背中や脚を含めて全身で負担する。
 ・脚を動かして移動する。
であれば良いのですが、これを逆立ちでしようとするとどうなるか???
考えるまでもないでしょう。

また通常のキーボードでは、テンキーは右側に付いていますから、右手で操作します。
これを左手で操作しなければならない環境になるとどうなるでしょう?
どう考えても効率は悪くなりますし、故障の原因にもなります。

ところが実際の組織の中では、これらに似た状態が少なくありません。
これまでもそうだったから……と言って、状態を変えようとしないことが多いように思います。
先ほどの逆立ちの話に戻れば、逆立ちに耐えられる身体であれば可能でしょうが、そうでなければケガの元にしかなりません。
ケガの元にならないようにするには、どうするのか?を予測して対応しておくのが、頭の仕事なのですが、実際にケガをしてからでなければ気付かない……。
これでは頭が頭の仕事をしているとは言えません。
言い換えれば……これまで書いてきたように、これらの指示は主従関係の中で行われるものではないということです。

 (続く)

 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記