【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【健康】癌検診について #02
2015年02月27日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

さて少し前(随分と前か?)JAMA(Journal of the American Medical Association)に少しショッキングに感じるような記事が掲載されました。
内容は……。

そもそも癌の早期発見は、癌による死亡を減らすことを目的として行われています。
しかし癌の早期発見について長期にわたって啓発とスクリーニングにより強調されてきたものの、その目標が達成されていないという結論に達したというものです。
結論を書くと「癌の早期診断(発見)は増えているが、進行癌は減っていない」というのが、データから分かることのようです。
一般的に目的を達成するために設定された手段を講じたにも関わらず、目的が達成されない場合、手段そのものの有効性が疑われます。
それから考えると……「癌の早期診断(発見)」は「癌による死亡を減らす」という目的のための手段ですから、目的が達成されないとなれば「癌の早期診断(発見)」という手段そのものの有効性を疑わなければならなくなります。

日本では、「癌の早期診断(発見)」のために多額の公費を投じています。
自治体による癌検診は、税金で実施されるものです。
本来であれば有効性が疑われるような手段に税金を投入することの是非が問われなければならないと思います。

 helth(S).jpg

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記