【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】イスラム国による日本人誘拐についての報道について
2015年01月30日 (金) | 編集 |
ここ数日、イスラム国による日本人誘拐についての報道が繰り返されています。
これについて違和感を感じないでしょうか?

通常、誘拐事件の場合には、報道規制が敷かれます。
理由はいくつかあるでしょうが、
 ・変に刺激しない。
 ・被害者側の情報を流さない。
等、人命優先を優先し、交渉をスムーズに進めるためです。
しかし今回の件については、情報が垂れ流しになっているように思います。
これを報道の自由と言っても良いのかどうか???

官邸では、言葉を濁しているところもありますが、それを報道関係者がどこかから聞き出したり、想像や憶測を報道したり……。
ひどいものだと思います。

交渉する場合、一番イヤなことは何か?
それは相手がどういう立場を取るのかが分からないことです。
何を考えているのかがハッキリしないことです。
その意味では、今の報道はイスラム国に利している可能性があります。

そもそもイスラム国は日本から離れていますから、報道規制してしまえば正確な情報は伝わりません。
それは交渉を有利に進める手段の一つです。
いくらインターネットで情報が拡散されると言っても、個人での発信と報道ベースでは情報の質が異なります。
その意味では、日本のマスコミは何を考えて報道しているのか?理解できません。

そして理解できないのは国会も同じです。
国会の審議で、この件について野党が政府(与党)に対して色々と問っていますが、これも日本の国の立ち位置を相手に知らせてしまうという意味では、人質の生命、もっと言えば国益に反している可能性があります。

そう考えると……誘拐事件を把握していても公表しなかったことの是非は、もう少し慎重に判断すべきだと思います。
確かにその後の被害を最小限にするためには、渡航制限を強化しなければならないでしょうから、どこかの時点で公表する必要はあったとは思います(それなしに渡航制限を強化できれば、話は別ですが)。
しかし何でも公表すれば良いというものでもないと思います。

マスコミも国会も……少し情報を制御した方が良いと思います。
今の状態は、ポーカーで言えば手持ちのカードを見せてしまっているのと同じですから。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記