【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】国保の都道府県への移管について #01
2015年02月16日 (月) | 編集 |
医療保険については、以前、触れました【注①】
その中で現在、各市町村で運営している国民健康保険(以下「国保」)が、2018年(平成30年)4月から都道府県に移管されることになったようです【注②】

これについては、前々から話があったのですが、なかなか進行しませんでした。
理由はいくつかあります。
一つは業務が繁雑なためです。
日本は皆保険制度となっていることは皆さんがご存じでしょうが、国民全員が国保に加入しているということはあまり知られていません。
健保や共済(以下「健保等」)があるじゃないか?と言われますが、それらに加入している間だけ国保の適用を除外されるという制度になっており、国保の資格を喪失した状態になるわけではありません。
それゆえ健保等の資格を喪失した時点で国保の適用除外が解除されます。
ただし……問題はこれが届出制度であることで、届出をしなかった場合には国保の適用除外が解除された時点からの保険料を支払うことになります(時効はあります)。
このためトラブルが多く、事務作業も多種多様で繁雑になります。
そうなると人員を確保しなければなりません。
上記のような資格管理、保険料の徴収、高額療養費等の支給、国庫補助金の申請作業……。
かなりの作業になります。
この人員を確保するのが大変(当然、人件費が必要になりますから)……というのが、理由の一つでしょう。

 (続く)

 medical(S).jpg



【注①】
 ※参考:【医療】国保と健保 #01
 ※参考:【医療】国保と健保 #02
 ※参考:【医療】国保と健保 #03
 ※参考:【医療】国保と健保 #04
 ※参考:【医療】国保と健保 #05
 ※参考:【医療】国保と健保 #06
 ※参考:【医療】国保と健保 #07
 ※参考:【医療】国保と健保 #08
 ※参考:【医療】国保と健保 #09
 ※参考:【医療】国保と健保 #10
 ※参考:【医療】国保と健保 #11
 ※参考:【医療】国保と健保 #12
 ※参考:【医療】国保と健保 #13
 ※参考:【医療】国保と健保 #14
【注②】
 ※参考:国民健康保険、18年4月に都道府県移管へ(asahi)
 ※参考:国保の都道府県移管、知事会など了承 18年度から(nikkei)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記