【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】東日本大震災被災地への応援派遣 #01
2015年03月01日 (日) | 編集 |
久しぶりに東日本大震災関係のことを書きます。
被災地域では、まだまだ復興にはほど遠い状況にあります。
計画がまとまらない、法律の整備が追いつかない……等いくつか報道で取り上げられている問題があります。
それらの原因は色々あるでしょうが、大きな要因として考えられるのがマンパワーの不足です。
何かの協議をするのも資料を作るのも作業をするのも……どれも人です。
そのマンパワーが足りていません。

その関連会議では、岩手県の沿岸市町村だけで2015年度に必要となる他自治体からの応援派員が、761人と報告されました。
岩手県だけでこれだけの人数ですから、全体ではどれだけ必要になるのか???

一方で公務員の数は……というと以前から行われている公務員バッシング、それに伴う公務員改革、そして市町村合併により、日本中で公務員の数は激減しています。
逆に業務そのものは、サービスが多様化し、増えていることを考えると減っているはずはありません。
機械化することで……という話をよく聞きますが、これは机上の空論ばかりでしょう。
現在社会で実際に仕事をしている感覚からすると、機械化が進むことで仕事が軽減されたという感じはありませんし、それどころか複雑化しているように思います。
これは公務員に限らず、どこも同じではないか?と思います(少なくとも私の周りではそうです)。
そもそも人間相手の職種においては、機械化には限界がありますし……。
そんな中で応援派遣に応えることができるのかどうか???と思います。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記