【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】必要なのは…… #05
2015年05月01日 (金) | 編集 |
ボチボチ書いていますので、何について書いていたのか?元が何だったのか?が分からなくなりそうですから、#01の冒頭を再掲しておきます。

また……と言いたくはありませんが、残忍な事件が発生しました。
児童を殺害し、遺体を切断する……。
考えられない行為なのですが、これを近所に住んでいる人がやってしまうのが現代社会なのか……と思ってしまいます。
こういう事件が発生すると道徳の話がよく出てきます。
それはそれで大切なことだと思いますし、必要なことだと思いますが、少し違った視点で書こうと思います。


前回の続きです。

成人して仕事漬けになってしまうことの危険性は、ここにあります。
社会は色々な関係で成り立っています。
それは組織の中でも同じです。
その色々な関係が組み合わさって、上手く動作します。
ところが仕事漬けになってしまうと……そういうことが見えなくなってしまいます。
あくまでも人間関係が組織の中でも関係性だけになりやすく、誰かとの関係が一つの関係性しか持たないようになりやすいものです。
家庭を顧みないで仕事に邁進し、家庭崩壊が起きたりするという話を聞きますが、それは家庭も機能としての集団としてしか見れなくなるためではないでしょうか?

こういう話をすると「それが当たり前」とか「その方が効率が良い」とか……という話が出るのは珍しいことではありません。
ただし社会の中では、誰かとの関係性が一つということは少ないでしょう。
少ないということは、本来は誰かとの関係性が一つという状態では上手くいかないということです。

そんなことは、自分の身体を考えれば分かることだと思うのですが……。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記