【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【組織】主従関係 #10
2015年05月15日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

これらは身体を使ってみれば簡単に分かることです。
50kgの重さが分からなければ、100kgを移動させるための負担は分かりません。
また暑い場所と寒い場所で同じ運動をするとどうなるか?
それと同じようなコトですから……。

そもそも人間が作りだしたモノ(制度を含む)は、「人間の身体」もしくは「その延長上にあるもの」をベースにしてしか作り出せていないように思います。
人間の想像力は、アインシュタインらのような一部の天才を除けば、その程度です。
そうではないというものがあれば教えていただきたいのですが……。
その意味では、頭になる者は身体を使うことを欠かしてはいけないのだと思います。
少なくとも身体を使っていれば、頭と手足の関係には気付けるでしょう。
そして、それに気付けば、それに応じた動き方ができるでしょう。

頭は、外部(手足を含む)からの情報のインプットがあって、初めてキチンと判断することができます。
外部からのインプット無しで頭の中だけで色々と生み出してしまうと……それは妄想でしかありません。
そのことが忘れられているのではないでしょうか?
要するに主従関係は、頭と手足の関係と同じで一方的にどうこうするものではなく、双方向で考えるべきモノです。

 (続く)

 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記