【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【武道日記】させたくない…… #02
2015年05月19日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

②(学年を越えた仲間と出会える場があった方が良い)についてですが、色々なところで
 ・昔は、近所の上級生の人と一緒に色々なことをしながら、色々なことを覚えた。
 ・近所の下級生と一緒に色々なことをしながら、教えるということを覚えた。
という話を聞きます。
そして「今はゲームをしているので、そういう付き合いが少なくなっている」という話が続きます。

確かにゲームも要素の一つでしょうが、そもそも子供の数が少なくなっていることも原因として存在します。
また遊び方が多種多様となり、同じコトに興味を持つ人が少なくなっていることも要因として挙げられます。
そして……「外で遊ぶ」ということと「危険」の距離が近づいたことも……。
しかし同級生以外の者と上手く付き合うというのは、絶対に必要なことですから、どこかで覚えなければなりません。
私は、そう考えています。

③(学区を越えた仲間と出会える場があった方が良い)についてですが、人間関係を作る場合、何かのキッカケがあった方が構築しやすいものです。
都市部のように私立の学校がいくつもある場所では話は違いますが、そうでない場合には小中学校は学区内で、高校以降は学力で通学先が決まります(全てではありませんが)。
問題が起きやすいのが、中学から高校に行った時です。
周りに知り合いがいないので、上手く人間関係を構築できなかったり、構築するまでに時間が掛かったり……します。
そこに「昔、話をしたことがある」とか「どこかで見たことがある」という要素があれば、人間関係を構築する一助になります。

 (続く)

 budo.jpg
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記