【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【仕事】評価主義・成果主義 #16-02
2015年05月26日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

以前も書いたかもしれませんが、各部門の成績を加味するとしても、基本的に目に見えることを評価の対象としています。
ということは……「部署と部署の間」や「人と人の間」を繋ぐような目に見えないことは、評価の対象とならないような構造になっています。
しかし組織で大切なことは、ここでしょう。
人体で考えると関節が上手く動作しないとどうなるのか???ということです。
関節が上手く動作しないと、全体として動きはギクシャクしますし、それによって人体のどこかに余計な負荷が加わります。
その負荷が継続的に加わると痛みや痺れに繋がります。
いくら指先が器用でも、肘関節が上手く動作しないとキーボードを打つのも苦労します。
肘関節は、キーボードを打つために楽な状態になるよう手の位置をコントロールしますから……。
そしきに戻せば、いくら現場が頑張っても他部署との繋がりが適切でなければ、充分な機能を発揮できないということになります。
したがって、ここが上手く働いているかどうか???で効率は変わります。

制度設計時に、この辺りを上手く構築していないために部署間での連携が取れず、全体としてギクシャクしてしまった……という話は珍しくありません。

しかしながら部署間の競争や個人間の競争が不要とは言いません。
その意味で、評価制度や成果主義があっても良いとは思います。
ただ……制度設計があまりに稚拙なことが多いと思います。
それは導入する管理者側に、こういう知識がなかったからでしょう。
しかし「知らなかった」とは言えないのが、現代です。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記