【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】駅と電車内の迷惑行為ランキング2014について #02
2015年06月05日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

少し飛んで4位の「携帯電話・スマートフォンの着信音や通話」ですが、よく「マナーモードにするか……」という放送があっても音量調節していないのが理解できません。
電車であれば「通話はデッキで……」と放送されても、席に座ったまま大きな声で通話していたり……。
何なんだろう?と思います。
それに他人に迷惑を掛けてまでしなければならないような内容なのか?とも思いますし、実際にそうであったとしてもデッキまで移動して会話すべきだろうと思います。

5位の「ヘッドホンからの音もれ」は、周りがうるさいから自然とボリュームが上がっている可能性があります。
目は閉じれば情報のインプットを止めることができますが、耳からの情報を遮断するのは難しい、そうなると周りの音より大きな音を被せるしかなくなります。
その意味では仕方ない面もあるのでしょうが、一方で大きな声で会話をしている人と同レベルの行為なのだとは思わないのか???と……。

とりあえず耳から入ってくる情報(つまり音)は、目から入ってくる情報と異なり、遮断しにくいということを認識しておく必要があると思います。

その意味では、15位の「電子機器類(携帯ゲーム機・パソコンなど)の操作音」も同様です。
音を切って操作すれば良いのですが、そうしないのは何故でしょう?
子供がゲームをしていて、その効果音もありますが、親が一緒であっても注意しないのは、前回と同じです。
少し考えれば分かると思うのですが……。

 (続く)



【参考】
 ※参考:駅と電車内の迷惑行為ランキング(日本民営鉄道協会)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記