【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】大阪都構想の否決 #01-02
2015年05月21日 (木) | 編集 |
前回の続きです。

さて……『個人的には現時点では賛成できるものではないと思っていました』と書きました。
理由はいくつかありますが、まず思うのは行政区画の変更が起こす大混乱と色々な意味での差の拡大です。
分かりやすいのは、平成の大合併
これと大阪都構想は違う面はありますが、それでも行政区画の変更という意味では同じです。
いくら「区」に権限を持たせると言っても、結局は「府」の下の存在です。
「府」の下に「区」が出来るということは、「府」の下に小さな「市」が出来るということと大して変わらない可能性があります。

また「区」に権限を持たせるということは、「区」によって制度が違ってくる可能性があります。
「区」によって制度が違えば、運用するためのシステムは違ってきます。
それはコストが上がることになります。
これをまとめることで経費を削減していくというのが、平成の大合併で語られたメリットの一つでした(そうなったかどうか?疑問も大きいですが)。
その意味では、「市」として動いた方が、スケールを考えてもメリットは大きいように思います。

 (続く)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記