【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】大阪都構想の否決 #02-02
2015年06月12日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

これから考えると平成の大合併でメリットと思われていたものは、それほど大きなプラスになっていない可能性があり、ほとんどは絵に描いた餅でしかなかったのではないでしょうか?
その意味では、メリットと考えられていたものは、実はベネフィット(可能性として存在するプラス要素)でしかなかったということです。
一方でリスク(可能性として存在するマイナス要素)は、存在していました。
そうなると……どうしてもコストというデメリットだけが表面化します。

このようなことが起きる原因は、マイナス要因を小さく、プラス要因を大きく見積もっていたからです。
実際には、それなりに見積もっていたのかもしれませんが、合併に向かいたいという方向性の中で正しくデータを読めていなかったのかもしれません。
そう考えると前(【政治】大阪都構想の否決 #01-05)にも書きましたが、『マイナス面は最大に、プラス面は最小に』試算しておくぐらいで丁度良いのだと思います。

そのようなことを考え、現在の大阪の状況を考えると……大変化を考えるべき時ではなかったように思います。
これが、当初に書いた現時点では賛成できるものではない」だろうと考えていた理由の一つです。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記