【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】大阪都構想の否決 #03
2015年06月19日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

そもそも東京と大阪では、あまりに環境が違います。
東京には、霞が関があります。
霞が関があるということは、そこからの情報を早く得ようと人間が集まってきます。
本社ビルが東京に集まっている理由は様々なのかもしれませんが、人間と情報が集まっていることは、その理由になります。
これが何を意味するか?と言えば、収入がある程度確保されるということです(今後も続く保証はありませんが……)。
人間が動くこと、それはお金が動くことに他なりません。
いくらITが発展してきたとはいえ、最後は人間同士の付き合いになりますから、直接会って話をするに越したことはありません。
オフレコは、こうした状況でしか得ることはできませんから……。

そもそも東京都で二重行政がないか?というと、そういうわけではありません。
「国」の制度もあれば、「都」の制度もあります。
そして「区」の制度もあります。
しかし東京都には、それを支える財源があります。
ここの違いは、どうにもなりません。
するのであれば、霞が関の解体をして、アル程度の人や情報が大阪に集まってから考えるべきだったと思います。

これも当初に書いた「現時点では賛成できるものではない」だろうと考えていた理由です。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記