【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】大阪都構想の否決 #04-03
2015年07月14日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

話を戻しますが、ソフトでもハードでも完全に二重になっているのであれば、「市」が廃止すれば良いのでしょうし、一部が重複しているのであればその差をどうしていくのか?を考えれば良いだけでしょう。
ほとんどは「府」で作った制度で適用にならない者をどうしていくのか?という部分について「市」が考えれば良いのだろうと思いますが……。
また「市」が制度を作って、後から「府」が追随する場合には、その調整をすれば良いのだろうと思います(制度を「府」に移管すれば良い)。

これらを考えると……大きなコストを掛けて「大阪都構想」を実現させなければ、現状の二重行政を解消できなかったのか?と言えば、大阪府と大阪市で話し合いをすれば良かっただけなのでは?と思います。
特に府知事と市長が同じ考えを持っていたのですから……。
議会との関係はあるのでしょうが、それも現状の二元代表制という民主主義の制度内のことですから……。
「大阪都構想」に向かうのであれば、それから……という意味でも「現時点では賛成できるものではない」だろうと考えていました。

ただ整理は必要だと思いますから、これで終わり……というのは勿体ない話になってしまいます……。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記