【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】大阪都構想の否決 #05-01
2015年07月21日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

色々と考えると「大阪都構想」そのものは悪い考えではなかったと思います。
理念としては、至極真っ当なことです。
しかし時期が悪かったのではないか?そして手法が悪かったのではないか?と思います。

時期が悪かったことについての要素については前述しましたが、さらに言えば以前のように
 ・大阪維新の会(維新の党)が勢力を伸ばしている時期ではなかったこと
 ・橋下氏の人気が上昇中の段階を過ぎてしまっていたこと
がマイナス要素だったと思います。

一度離れた民意を取り戻すのが難しいのは、民主党を見るとよく分かります。
そして、そのような状態になると負のバイアスが掛かってしまい、灰色は黒と判断しがちです。
そう考えると、上記のような時期になる前に仕掛けるべきだったのだと思います(良い/悪いは別の話で、あくまでも住民投票に勝つという意味では、ですが)。

また構想が大きなものだっただけに、もう少し時間を掛けてシッカリ説明をしていれば結果は違っていたのかもしれません。

 (続く)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記