【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめvsせん : センも……
2015年07月03日 (金) | 編集 |
やっぱり仲が良いのは、マーフィーとコウメ。
マーフィーがいるところにコウメがいる……そんな状況は変わっていません。
ベッドを占領して、こんな状態。

 mfy-ume-sen@20150703sorezore01.jpg

マーフィーのそば(しっかりお尻を引っ付けています)で、眠りに入りそうなコウメ。
やっぱりココが落ち着くのでしょうね。
我が家に来た頃からマーフィーのそばで暮らしていたのですから、仕方ないのかもしれません。

 mfy-ume-sen@20150703sorezore02.jpg

そんなコウメが近くにいるのは、マーフィーにとっても当たり前の状態なのでしょう。
やっぱり眠りに入りそうなマーフィー。

 mfy-ume-sen@20150703sorezore03.jpg

ゆっくりペースのコンビですから……この関係が成り立つのでしょうね。
まあ……コウメはマーフィーに育てられたようなものですから、マーフィーのペースで動くのが普通なのかもしれません。

でもセンは遊びたい!!!
さっきまで近くにいたのですが、階段を駆け下りて(その降り方が早いんです)リビングへ。

 mfy-ume-sen@20150703sorezore04.jpg

そしてリビングで「遊ぼ~!」という顔。
センは我が家に来るまでに8ヶ月ぐらい過ぎていましたし、多くの保護猫の中で暮らしていたので、動きが違うんです。
ピュッ!ピュッ!というかシュッ!シュッ!というか……とにかく動きが早い。
それでも随分、マーフィーやコウメに影響されてきましたが、まだ早い。

いつかセンも、マーフィーやコウメのペースで暮らすようになるのでしょうか?



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!

詳しくは、ミケとチビの湘南海岸物語を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記