【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】東九州自動車道建設のための土地収用 #02
2015年07月17日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

そしてミカン園の所有者が反対を主張した時点でルート変更ができなかったのかどうか?も検証しなければならないでしょう。
計画ラインを公表した時点から反対されていたのであれば、計画ラインを変更するべきだったのでしょうし……どのような流れで収用に至ったのか?時系列に並べてほしいと思います。

さらにはコストや年月が掛かっても現行ルートが良いと言うのであれば、ミカン園の部分だけトンネルにできなかったのかどうか?も説明できなければならないと思います。
それについて開通までにコストや年月が掛かるというのであれば、ミカン園の所有者が示した案より現行ルートの方が安価であり、かつ短期間で開通できるという根拠を示す必要があります。

さて……収用の決定は、これらのことを明らかにした上でなされたものなのでしょうか?
そうでなければ収用の決定そのものがおかしいような気がするのですが……。

別に「個人の権利」と「公共の福祉」を比べて、「個人の権利」が守られるべきだ!と言いたいわけではありません。
これまで色々と書いてきたことを読んでいただけば良いのですが、どちらかというと「公共の福祉」を守るべきだ!という主張の側にいることが多いのですが、この件はどうも……何かがおかしい……と思っています。
それは社会的な問題の末路である空き家への対応を個人に負担させるという方向性への違和感とも少し違うように思いますが、何か引っ掛かっています。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記